2018-12-03

ゲストハウスの自家畑

2018年12月3日(月)、おいしい朝食をいただいた私たちは、自然農法のゲストハウスの自家用畑を見学させていただきました。
とにかく気候が温暖で、色々な作物ができるのがうらやましいです。

画像はクリックすると拡大します

ゲストハウスの自家畑畑はゲストハウスの裏手にあり、斜面になっています。
アンデスではよく見る斜面の畑。
斜面の多い山岳地帯の場所ではこうして斜面も畑にしないといけませんからね。

ゲストハウスの自家畑アーティチョークが実っていました。
間もなく食べられそう!!。
日本ではほとんど見かけないアーティチョークですが、ペルーでは結構たくさん採れるので、輸出までしているくらいです。
もちろんここのは「自然農法」です。

ゲストハウスの自家畑さやいんげんの収穫をするShokoさん。
インゲン豆はアンデス原産です。
きっと育てやすいでしょうね。
これはランチの天婦羅にしてくださるそうです。
めちゃ楽しみ!!。(^^♬♪♬~♫!

ゲストハウスの自家畑支配人も一緒に収穫です。
収穫って、なんだかワクワクしますよね。収穫の喜び。

ゲストハウスの自家畑ここではバナナも育ちます。
まだ小さいですけど、数本生えていました。

ゲストハウスの自家畑これは実が食べられる「ウチワサボテン」です。
こんな風にベースが樹木みたいなんですね。
下をよく見たのは初めてです。

ゲストハウスの自家畑これ、何の木だと思いますか?。
これは「アボカド」の木です。
ここの畑でも、何本かあり、品種の違うものを植えているそうです。

ゲストハウスの自家畑おお~~、アボカドが実っています。
ちぎって食べちゃいたい!(笑)
でもね、アボカドは通常収穫してから半月以上置かないと食べられないそうですよ。
残念無念、ちぎってすぐに食べられないんだなぁ~~。”(-“”-)”

ゲストハウスの自家畑鶏が2羽・・・じゃない、4羽います。
実はこの鶏、お隣の家の方が飼っていて、脱走してきてこちらの畑の虫やら草を食べるそうです。
そしてあちこちに卵を産んじゃうんですって。
お隣さんは卵にはあまり興味がないらしく、どうやら大きくなったら〆て食べるために飼っているみたいです。
そしてゲストハウスではワンちゃんも飼っているので、そのわんこが卵を時々口にくわえて持ってくるそうです。
今朝食べた卵もそれだったりして!!。(聞くの忘れました)

ゲストハウスの自家畑ゲストハウス裏手の洗濯を干す場所です。
日当たりが良く、私たちの洗濯物もあっという間に乾きました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です