宿の紹介

木の香りがするくつろげるリビング木の香りがするくつろげるタンボ・ロッジのリビング

自然食マクロビオティックの宿「タンボ・ロッジ」は、福島県南会津郡南会津町番屋地区の高原(標高820m)の中に、静かにたたずむ小さい山小屋風のロッジです。私たちは1年8ヶ月かけてこの宿を基礎から手作りしました。スウェーデンのスプルースを使ったログハウスです。床板や天井、壁は無垢の板を使い、1部の壁は漆喰でできています。

当宿はお客様の健康を考え、料理の素材は無農薬・無施肥の自然栽培のもの、またはオーガニックのものを使います。

また、提供する料理は「創作南米ペルー料理」です。それをマクロビオティックの手法で「陰」「陽」のバランスを整えた動物性の素材を一切使わない「ベジタリアン料理」(ヴィーガン料理)として提供しています。(詳しくは宿の料理カテゴリーをご覧ください)

つまり、マクロビオティック&ベジタリアン料理の宿と言うことができるでしょう。そして、美しい自然の中で、お客様にくつろいでいただき、健康に過ごしていただけることをモットーとしています。

 

木の手作りベッドでぐっすりと眠れます。木の手作りベッドでぐっすりと眠れます。