スタッフの横顔

皆さんこんにちわ。またはこんばんわ。私たち二人がここ自然食の宿『タンボ・ロッジ』のスタッフです。

画像はクリックすると拡大します 

スタッフの横顔薪ストーブの横でくつろぐタンボ・ロッジの支配人

 支配人とは偉そうな呼び名ですが、要するに雑用係&掃除&接客係&会計係です。それに、製パン担当になっています。
この写真、薪ストーブの前で暖かそうですね。
冬のタンボ・ロッジでは、このようなところでくつろぎながら、泊まりの人と一緒にゆっくり過ごしています。
その間「料理長」はせっせと皿洗い。なんだか名前だけが偉そうですね。

スタッフの横顔皿を洗うタンボ・ロッジの料理長

 料理長はオーガニックのアンデス・ヴィーガン料理&ヴィーガン・スイーツ担当です。ですから、色々なお菓子(食後のスイーツ)も作ります。それから、トマトケチャップやジャム、マヨネーズや甘味料の水あめも自分で作っています。
最近凝っているのが、『自家製粉の米粉のケーキ&パン』。これは動物性の物や小麦粉やベーキングパウダーを一切使わずに作った『パンやお菓子』です。本物と見分けがつかないようなものも中にはあり、料理長の自慢の一つになっています。
そのほかに、このホームページも担当しています。それに大工仕事や木工までします。このタンボ・ロッジの建物も、料理長と支配人が丸2年かけて手作りしたものなんです。
今では薪ストーブ用の薪の確保(薪作り)は1年の中で最もきつい仕事だとか。これは春先にやらなければいけない仕事です。

タンボ・ロッジはこのように夫婦2人でのんびりと運営されているのです。
だから、色々と手作りをする時間があるので、食事に出すものは、ほとんど手作りしています。
つまり『スローフード的なロハスな暮らし』を実践しているんですね。
そして、2~3年に1度くらいで南米に出かけています。料理の研修と言う名目のリフレッシュだと皆に言われていますが、ちゃんと研究しているんですよ。(笑)

と言うわけでタンボ・ロッジと2人のスタッフは、今日もあなたのお越しをお待ちしております。

P.S ちなみに本名は、支配人が大屋トモヨ、料理長は大屋敏男です。
支配人、料理長と言う呼び名は冗談です。くれぐれも真に受けないでくださいね。

スタッフの横顔薪ストーブの「トーマス君」

 もう一人の隠れたスタッフ、薪ストーブの『トーマス君』です。人気アニメの「機関車トーマス」こ似ているために、こう名付けられました。

「隠れた」とはいっても、夏でも目立つ存在なんですけれど・・・ね。(笑)

寒い冬もこれひとつでお任せです。炎を見ながらこの『トーマス君』の前でごろごろするのが、タンボ・ロッジの正しい過ごし方とか・・・。
『トーマス君』は冬にはものすごく役に立っています。お湯を沸かしたり、煮物をしたり、スープをことこと煮たりして、おいしい料理に一役買っているんです。この薪ストーブで料理するとお湯が柔らかくなり、一味おいしく出来上がります。
さて、これは寒い冬の楽しみの一つです。あ~~今日も『ぬくぬく~~!』気持ちい~~~。

それでは皆様のお越しをお待ちしています~~。
予約の電話番号・・・0241-78-5165