2018-12-02

ゲストハウスの食事

2018年12月2日(日)、しばらく滞在したAyacuchoの町から小型バスで遥々やってきたOngoy村。
ここはもちろん「秘境」と呼べるところです。
午後2時少し過ぎに到着した私たちは、ランチを食べていなかったので、お腹すきました。
そこでここのゲストハウスのShokoさんがパスタを作ってくれました。
Shokoさんは色々とアレルギーがあり、首都のリマで働いていた時は喘息まで出てしまい、大変だったそうです。
しかし旦那さんの生まれ故郷のここOngoy村に来ると、その症状はぴったりと収まったそうです。
以来ここに住むことを模索!!。
私たちが彼女と会った2002年の暮れころから、ゲストハウスを自力で建て始めたそうです。
だからね、食事も全部ヴィーガンにしているそうです。
私たちもヴィーガン大歓迎です。

画像はクリックすると拡大します

ゲストハウスの食事私たちのために、急遽作ってくれたパスタ。
焼きバナナが付いているのがなんだかペルーっぽいです。
緑のソースはほうれん草ベースのソースで、とてもおいしいです。

この後は、久し振りだし、募る話もあり、話し込んで午後は過ごしました。

ゲストハウスの食事あっという間に夕食の時間です。
ランチ食べたのが遅かったからね。
だから軽めに作ってくださいました。
これは「チミチュリソース」(Salsa Chimichurri)で、南米のアルゼンチン発祥のソースで、ペルーでもよく食べられています。

ゲストハウスの食事そのチミチュリソースとShokoさん独自のソースと茹でたジャガイモが夕食です。
レモン果汁の酸味が利いて、アボカドもいれたリッチなソースでとてもおいしいです。

ゲストハウスの食事その横でにゃんこもお食事。🐱
4匹揃って仲良く食べていますね。
なんか棚の大きさが小さいように感じますが・・・。

ゲストハウスの食事そしてぐっすりと眠った翌日の朝(12月3日)です。
朝食ができるまで、ゲストハウスのアートなサロンで過ごします。
ペイントが綺麗ですね。
これはShokoさんの娘さんが描いたものだそうです。
すご~~い!!。

ゲストハウスの食事朝食の一つは、この村で採れた自然農法のゆでたジャガイモを、自然卵と一緒にスクランブルしたものです。
そうそう、アレルギーのあるShokoさんは、食べ物にもすごく気を使っていて、自然農法のものばかり選んでいるそうです。
それも地元のOngoy村で採れたものや自分の畑で作ったものが中心です。
素晴らしいです。
卵や魚はペルー人のご主人が食べるので、家にあるみたいです。
私たちも一口いただきました。
自然のものはおいしいですね。

ゲストハウスの食事自分の畑で採れた自然農法のアボカドを使った「ワカモーレ」も出してくれました。
めちゃくちゃおいしい!!。
自然農法のアボカドなんて、私初めて食べたかも。
オーガニックのものは時々食べましたけど、味の濃厚さが違います。
これが自分の家の裏の畑で採れるなんて、うらやましい環境です。
この村は少し標高が低く、約2800mですが、赤道に近いので温暖で、いつも春のような気候だそうです。
常春の村・・・うらやましいなぁ~~。

ゲストハウスの食事そして私の大好きなペルーの地粉で焼いたパンもいただきました。
とても満足感の高い朝食です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です