2018-11-25

Ayacuchのベジ・レストランVida saldable

2018年11月25日(日)、無事ホテルを移り、旅行代理店で秘境ツアーを探す前に、中心地のPlaza de almas(アルマス広場)から2ブロックの所にある、ベジタリアン・レストラン「Vida saldable」(健康的な生活という意味)へ少し早めのランチを食べに行くことにしました。
ここAyacuchoはいくつかベジのレストランがあるし、伝統料理を出すレストランでもベジ対応があるので助かります。

画像はすべてクリックすると拡大します。

Ayacuchのベジ・レストランVida saldable11時半にお店に入った私たち。
でもランチのメニューは12時からなんだって。
だからフレッシュジュースを飲みながら待つことにしました。
でもめちゃくちゃ器が大きいし、満タンにジュースが入っています。
黄色い方はこの時期旬のフルーツ「マンゴー」のジュース。
すごい量ですよね、でもペルーでは、アマゾンが近いので、マンゴー、めちゃ安いんですよ。
そして白い方は「洋ナシのジュース」です。
どちらも砂糖抜きで作ってもらいました。
だけど量が多いので、ランチ二人分は食べられなくなりそうです。(笑)

Ayacuchのベジ・レストランVida saldable12時ちょっと前に、ホワイトボードにこの日のメニューが書き出されました。
私たちは「Menu Familiar」を一つ頼んでシェアすることにしました。
前菜がミックスサラダ、スープがエンドウ豆のクリームスープ、そしてメインが野菜炒め、またはキヌアのロクロ(ロクロとは、ドロッとしたペースト状の食べ物のこと)から選べます。

Ayacuchのベジ・レストランVida saldableまず最初は「ミックスサラダ」。色々な野菜とペルー独特の小さくて酸味の強いレモンが付いています。
とってもシンプルなサラダです。

Ayacuchのベジ・レストランVida saldableそしてこちらが「エンドウ豆のクリームスープ」。これはグリンピースではなく、熟したエンドウ豆を乾燥させた粉を使っています。
少し粗挽きなので、ざらつきがありますが、とてもおいしいです。

Ayacuchのベジ・レストランVida saldableそしてメインは「キヌアのロクロ」を選びました。
ご飯は小麦ふすまと炊き込んであります。
カボチャベースで、キヌアがたっぷりと入っています。
そして空豆とグリンピース、ホワイトジャイアントコーンとチーズが少し入っています。
コクがあってとても癒される味です。

Ayacuchのベジ・レストランVida saldableまたもやご馳走を前にうれしそうな支配人。(笑)
このセットメニューはシェアするんだからね、半分以上食べてはいけませんよ~~。( ^^) _U~~

Ayacuchのベジ・レストランVida saldableお茶も付いていました。
これは紫トウモロコシを煮出しただけのシンプルなトウモロコシ茶です。

Ayacuchのベジ・レストランVida saldableあ~~。おいしかったし満足しましたねぇ。
小さい店だけれど、こういうお店があるのはとてもうれしいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です