2018-11-19

Huancayoのホテルで朝食

11月19日(月)、今までと一転して標高が高いアンデスの旅、まず最初の町は「Huancayo(標高3244m)」滞在から始まりました。
前の日の夜遅くこの町に着いた私たち。
もちろん疲れのせいか、朝寝坊しちゃいました。
しかも前の日の夜遅くにこの町に着いたため、夕食は何も食べていません。
深夜ミネラルウォーターを買いに行ってそれを飲んだだけです。
なので、超お腹すいた!!。
そこで最初のこの日は手を抜いて、泊まっているホテルの最上階にあるレストランへ、朝食を食べに行きました。

画像はすべてクリックすると拡大します。

Huancayoのホテルで朝食お腹すいたので、朝食は「Dezayuno americano」(アメリカンブレックファースト)を頼みました。
パンとフレッシュジュースとお茶、またはコーヒーと、卵のなにがしが付いたセットメニューの定番です。
まずはジュースとパン、左下のピッチャーに入っているものは、濃厚なコーヒーエキス。
ジュースはミックスジュースで、パパイヤがベースのおいしいジュースでした。
パンはペルー産地粉で焼いた素朴なパン。
私はペルーのこの素朴なパンが大好きです。

Huancayoのホテルで朝食ドリンクは「Café con leche」(カフェオーレ)を頼みました。
ペルー式は、牛乳を温めたものが出てきます。
そこに最初から机に置いてあった濃厚コーヒーエキスを好きなだけ入れて飲むのです。
普通ののコーヒーを頼むと、牛乳の替わりに、暖かいお湯が出てくるだけです。
これ、いつも笑えてしまいます。
コーヒーは、深く焙煎したフレンチローストを細かく粉にして、フィルターで濾していると思われます。
だからコーヒーの産地、ペルーでは、あまりおいしいコーヒーは望めないんですね。残念ながら。

Huancayoのホテルで朝食もぐもぐとおいしそうに食べる支配人。
お腹すいたもんね。(笑)
卵料理はスクランブルエッグを頼みました。
ホテルの最上階だから、眺めは抜群です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です