2024-02-07

コーヒータイムとチチカカ湖

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年12月4日(月)、ランチはニッケイ料理のお寿司を食べた私たち。
お腹も満たされ、まったりタイムです。🤪
アルマス広場の近くにあるツーリストインフォメーションに行き、まずは明日行く予定の温泉♨までの行き方を聞き、その後「おいしいコーヒーが飲めるお店」を聞きました。
そしてそれにしたがってそのお店へと直行💨。
ゆったりタイムの始まりです。🤗

画像はクリックすると拡大します

コーヒータイムとチチカカ湖そのお店は広場の一角にありました。さっそく入ってコーヒーをいただくことにしましょうね。☕
看板にはコーヒーはオーガニックと書いてあるので、嬉しいです。♪(^^♪~~♪!!

コーヒータイムとチチカカ湖スイーツのメニューもあり、ついつい心が動くわたくし。😆
「Snickers vegano」という名前のヴィーガン仕様のケーキを発見💡。さっそく注文しちゃったもんね。🤪

コーヒータイムとチチカカ湖まずはコーヒーから頂きましょう。さてここのは自分の好みに合うでしょうか?ドキドキの時間です。

コーヒータイムとチチカカ湖カフェ・ラテをいただくわたくし。やや薄いものの、まあまあの味にほっと一息です。🤤

コーヒータイムとチチカカ湖さて、ヴィーガン仕様のスイーツ登場。そんな味でしょうか?。🍰
上下のチョコレートバーの生地に挟まれて、イチジクとオーツ麦の固めのクリーム、トッピングは自家製ピーナッツバターという凝りようです。
これはなかなかおいしいヴィーガン・スイーツでした。🍰

コーヒータイムとチチカカ湖さて、ゆったりカフェタイムの後、標高が高いので、広場からゆっくり歩いて有名な「チチカカ湖畔」の島に行く船が出る桟橋に行ってみました。
「Titicaca」の文字の前で、ミーハーな支配人です。🤪
この約4000mの、富士山の山頂よりも高い水面が広がるチチカカ湖。なんと瀬戸内海と同じ広さもある大きい湖なんです。

コーヒータイムとチチカカ湖広場から歩くこと約30分、船の桟橋までやってきました。
ここは「Puno」の町に面した入江なので、実は町の排水が入り込み、かなり汚れてしまっています。
本当は沖に出て、湖の中にある島まで行くと、本当に綺麗。まるでエーゲ海のような風景が広がるんですけどね。
そこには私たちは2008年に行きました。その時の様子はここを見てね。
残念ながら今回は時間的にいけないのが悲しいです。

コーヒータイムとチチカカ湖はいはい、桟橋でも写真を撮りましょうね。🤣
この後バスターミナルまで歩いていき、明後日に行く「Cusco」までのバスのチケットを買いに行く私たちでした。🚌

関連記事