2019-02-15

白チューニョのセビッチェ

2月12日のタンボ・ロッジの前菜はこちらです。
「Ceviche de Chuño blanco」(白チューニョのセビッチェ)。
セビッチェというのは、ペルーの魚のマリネ料理です。
刺身で使うので、イタリアのカルパッチョに似ているけれど、お酢ではなく、レモンで魚を〆て作ります。
それをタンボ・ロッジ風にベジにアレンジしました。
凍結脱水乾燥ジャガイモの「白チューニョ」とペルーの海藻「Cochayuyo(コチャユーヨ)」を使い、海の雰囲気を醸し出しています。
この白チューニョ、タンボ・ロッジで手作りしています。
じゃが芋は体を冷やすと言われていますが、凍結脱水乾燥をすることにより、じゃが芋の毒も抜けるし、かなり体を温める食材に変化します。
アンデス高地の先住民の知恵の結晶です。

白チューニョのセビッチェ画像はクリックすると拡大します

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です