2024-02-08

Cuscoの着いて、Café Aylluでコーヒーをいただく

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年12月6日(水)、この日は標高約4000mのチチカカ湖畔の町「Puno」から大型の長距離バスで、インカの時代に首都がおかれていた町「Cusco」へ約400㎞の移動をして来た私たち。
いくら3列シートの快適なバス🚌といっても、8時間も乗っていれば疲れます。
Cuscoのバスターミナルに着いて、お世話になっている友人宅までタクシーで移動し、荷物をおろし、少し休憩した後、以前にツーリストインフォメーションのお姉さんに聞いていた、一押しのカフェに行ってみることにしました。
Cuscoは11月17日から23日まで6日間滞在していましたが、私が体調を崩してしまっていたため、思うように行動ができませんでした。
なので、隣国「Bolivia」行をあきらめて、リベンジのために舞い戻ってきた私たち。
まずはバスの長旅の疲れを癒すべく、カフェへと直行!!。☕🤤

画像はクリックすると拡大します

Cuscoの着いて、カフェでコーヒーをいただくお店のの名前は、「Café Ayllu(カフェ・アイユ)」と言います。
Cuscoの中心部の広場「Plaza de Armas」の裏手のような場所にあります。
「Ayllu」とは、インカの時代の共同体の制度のことです。
さて、ツーリスト・インフォメーションのお姉さんのおすすめのお店のコーヒーの味、いかがでしょうか?。☕

Cuscoの着いて、カフェでコーヒーをいただく今回は「カフェ・カプチーノ」を頼みました。なんだかおいしそう・・・期待が膨らみます。
しかし、激うまではなく、私にとっては普通っぽい味。でもペルーですからね、ここは。
ペルーとしてはおいしいコーヒーだと思います。さすがインフォメーションのお姉さん。🤣

Cuscoの着いて、カフェでコーヒーをいただくカップ、かなり大きいでしょ。たくさん飲んでまったりしましょうね。嬉しそうな支配人です。
バスに8時間も揺られたからね、お疲れモードのはずですから。

Cuscoの着いて、カフェでコーヒーをいただくスイーツの「Nata(ナタ)」も頼みました。
この「ナタ」、私たちはスペインの巡礼の時によく食べたお菓子です。まあカスタードクリームのことなんですけどね。
でもこのお店のは独特で、まるで甘い「生湯葉」のようでした。
でもなんだかほっとする味。おいしかったです。
これ、なんだか自分でもヴィーガン仕様で作れそうです。

Cuscoの着いて、カフェでコーヒーをいただくお店のショーケースには、ロールケーキ(下の段)やタルトのような長細いパイが並んでいました。
これもおいしそうなので、後日頂くことにしましょうね。🤗
そして夕食は、友人の娘さんがキヌアのご飯を作ったので、それをご馳走してくれました。
ありがたいですね。感謝です。🙏

関連記事