2024-01-14

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年11月14日(火)、工芸家が集まる地域の「Santa Ana(サンタ・アナ)」の丘に行って、織物作家の「Pomataylla(ポマタイヤ)」さんの工房で買い物をした私たち。
帰りは下り坂なので、のんびり歩いて町の中心の広場の「Plaza de Armas」まで帰りました。
そしてお昼の時間。
Ayacuchoはベジ系のお店が極めて少なく、なかなか見つけることができません。
そこで、広場近くの観光案内所「i,perú(イ、ペルー)」を訪ねて、そこのお姉さんに聞いてみました。
あまりないんだよねぇ~~~、とお姉さんは言っていましたが、1か所、歩いてもそんなに遠くない所のお店を教えていただきました。
さっそく今日のお昼はそこで食べましょうね~~~。

画像はクリックすると拡大します

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」お店の名前は「Planta Loveres」と言います。お店の前にはいかにもベジタリアンのお店らしい看板が・・・・。
ご飯ものはないそうなので、バーガー系のものを食べました。

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」ペルーは「ソース」が沢山ある国柄。食事に使う3つのソースがまず出てきました。
下から上へ、「クリーム状の唐辛子ソース」⇒「黒オリーブのペースト」⇒「アセビチャード」という名前の、酸味のある最近ペルーで流行のソースです。
アセビチャードソースは、マヨネーズのお酢をレモン果汁に変え、にんにくを入れた独特のソースです。

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」こちらが「キヌアのバーガー」です。🍔
肉で作ったハンバーグの替わりに、アンデス原産の雑穀「キヌア」をふんだんに使ったベジ・バーグが挟んであり、トマトとほうれん草とアボカドが入っていました。🍔
それにカリッと揚げたじゃが芋がゴロンとついています。

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」こちらは「レンズ豆のバーガー」🍔。レンズ豆のバーグに、アボカドとレタスとトマトが挟まれています。
どちらもおいしくいただきました。🍔
レンズ豆を肉のハンバーグ代わりに使うのって、なんだか新鮮に感じました。結構おいしいです。

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」いつもの様に食べ物を前にうれしそうな支配人の図。😝

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」食後のお茶はこちら、支配人は「Infusión Energetica」(エネルギー注入)という名前のハーブティーのブレンドを選択。
オレンジの皮、ローズマリー、レモンとミント、香辛料のクローブが入った、香り高いお茶です。

Ayacuchoのベジ・レストラン「Planta Loveres」私はこちらの「Infusión relante」(リラックス効果)というハーブティーにしました。
セドロンという中央アメリカ原産の苦みのある薬用種子と、レモンバーム、バラの花びらが入った、独特の香りのするお茶です。
色がとても綺麗ですね。☆彡°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

関連記事