2019-05-11

連休中のメインディッシュ

大型連休中のスイーツは紹介しましたが、ここでメインディッシュをいくつか紹介しましょう。
何しろ連休なので、連泊される方が多く、とっかえひっかえ、色々な料理を作りました。
全部は写真を撮っていないので、一部のみの紹介です。
もちろん全てオーガニック材料&ヴィーガン仕様で作られています。

画像はクリックすると拡大します

連休中のメインディッシュこれはペルー料理で、「Pollo con hongos」(ポーリョ・コン・オンゴス)と言う、若鶏とキノコを使った料理のベジ版です。
クリーミーな、まるでカレーのような感じの料理ですが、全然味はカレーとは違います。
最近苗を買ってきた、食べられる花の「ナスタチウム」も活躍してくれました。

連休中のメインディッシュこちらもペルー料理の「Arroz con pollo」(アロース・コン・ポーリョ)という大衆的な料理のベジ版です。
若鶏とハーブの炊き込みご飯なんですが、もちろんヴィーガン仕様で、大豆蛋白を使います。
上の黒っぽいソースは、タンボ・ロッジオリジナルの「ひじきのドゥミグラスソース」です。
こちらにもナスタチウムの花を添えちゃいました。
なんだか豪華に見えて、うれしいです。

連休中のメインディッシュまるでご飯のサンドイッチのようなメインディッシュは、「Arroz tapado」(アロース・タパード)と呼ばれる、ペルー式の丼物です。
丼を使う習慣のないペルーでは、こうして真ん中に挟んで食べているのがユニークなところです。
真ん中は、オリジナルは豚の挽肉とレーズンをトマトで煮込んだ、少し甘い料理ですが、タンボ・ロッジではヴィーガン仕様なので、豆腐ベースで作っています。

連休中のメインディッシュ最後はメインディッシュではなく、前菜の前にお出しする「アミューズ」の、キャベツのサラダです。
こちらには「ナスタチウム」の葉を使いました。
ナスタチウムって、葉と花と両方使えるので、とても便利ですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です