2019-05-30

山ウドのエスカベッチェ

タンボ・ロッジの敷地に出ている「山ウド」。
結構たくさん増えているので、それなりに使えます。
そこで、昨日はその採りたての超新鮮な「山ウド」を、ペルー料理風のマリネにしてみました。
エスカベッチェはスペイン語で、またの呼び名を「エスカベッシュ」とも言い、イタリア語では「カルピオーネ」、日本語では「南蛮漬け」とも言いますね。
ペルーでも通常は魚介類で作りますが、タンボ・ロッジはヴィーガン料理の宿なので、野菜系や「テンペ」などを通常使います。
でもこの山ウドのエスカベッチェ、鮮度が大事な山ウドなので、とてもおいしくいただくことが出来ます。
山ウドの衣は、ひよこ豆粉を水に溶いたものを使いました。
めちゃウマです。
しかし、もう敷地のものは採り尽くしてしまいました。
次回は新芽がもう少し成長した時ですね。残念ながらしばらく先となっいてしまいます。

山ウドのエスカベッチェ画像はクリックすると拡大します

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です