2019-09-19

米粉ロールケーキの試作

今日は米粉の「ロールケーキ」を試作しました。
ベーキングパウダーや卵も使わない、ヴィーガン仕様です。
米粉のロールケーキはタンボ・ロッジではもう手慣れたスイーツですが、実は今年の12月にアメリカのサンフランシスコでスイーツ教室をやることになっていて、そのために、現地で手に入る材料で改めて試作を繰り返しました。
材料は、今年の夏にサンフランシスコから日本へおいでになった方が手荷物として運んでくれました。
現地のお米と現地の豆乳です。
それをバイタミックスのドライコンテナで自家製粉し、さっそく試作です。

画像はクリックすると拡大します

ロールケーキの試作製粉したばかりの現地のコメから作った米粉と、現地のオーガニック・スーパーで売っているオーガニック豆乳です。
これを使います。

ロールケーキの試作うひゃ~~、こりゃ駄目だ、生地がめちゃくちゃ粗くてバサバサです。!!
実はこれ、豆乳が薄いのと、粉に問題があるんですよ。
今までの長い米粉スイーツの経験から、わかることがたくさんあります。
なので、もう一度改良してチャレンジです。

ロールケーキの試作やった~~!!、4度目にして理想のロールケーキが焼けました。
失敗続きだと、豆乳が無くなってしまいますからね、なくなる寸前に完成です。!!
これなら自信を持ってサンフランシスコで教室ができますからね。
米粉のスイーツは、本当に粉と豆乳が変わると、レシピががらりと変わるので、苦労するところです。
だけど、成功したので、気を大きく持って12月には頑張ります。✊✊

関連記事

コメント3件

  • アバター 高橋りかこ より:

    4回の試作、ご苦労様です。アメリカの方も納得の味だと思います。きっと美味しいと喜んでもらえるかと思います。余談ですが、外国の方に日本には精進料理というのがあるよと紹介していただけるといいと思います。精進料理は日本の誇れるビーガン料理です。

    • 料理長 料理長 より:

      高橋さん、ありがとうございます。
      材料を変えると難しいでが、やはり現地で再現しないと意味がありませんからねぇ。
      次は米粉のパンの試作もしないといけません。(笑)
      精進料理、もうすでに世界的に有名です。
      サンフランシスコでもそういうお店もありますので、私としては、別の分野からアタックしたいです。

  • アバター 高橋りかこ より:

    アメリカで精進料理が知られてるとは全く知りませんでした。驚きました。また1つ教えていただいた気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です