2024-01-14

ペルーで一番おいしいコーヒーに出会う

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年11月14日(火)、この日はAyacuchoでのんびりの一日。
ランチをおいしいベジ対応のレストラン「Planta Loveres」で食べた私たちは、「Plaza de Armas」のすぐ近くにある、おいしそうなカフェの「Museo Café Ayacuchano」(アヤクーチョのコーヒー博物館という意味の名前です)に入ってみることにしました。
どうもペルーでは好みのコーヒーに出会えなかった私。
エスプレッソなんかも、酸味があるものが多くてね、なんだか好みじゃないんです。
なので、今回も期待はあまりしていませんでしたが、めちゃくちゃ大当たりです。🎯🎯🎯
今回の旅で、ペルーに来て初めて飲むおいしいコーヒー。
Ayacucho滞在中に、通ってしまいました。😝🤩🤪🤤
今回の旅で、ここのコーヒーが一番おいしかったです。❣💥。

画像はクリックすると拡大します

ペルーで一番おいしいコーヒーに出会うお店は「Plaza de Armas」からちょっと入ったJiron Lima通りに面した、2階にありました。
1回の入り口には、何やらコーヒーのこだわりの説明の看板が・・・・この看板に吸い寄せられて、お店に入る私たち。🤩🤣

ペルーで一番おいしいコーヒーに出会う2階に上がる前にも、黒板にメニューが書いてありました。

ペルーで一番おいしいコーヒーに出会うこちらがコーヒー系のメニューです。☕
「Cafés calientes」と書いてあるのが、温かいコーヒー。「Cafés frios」と書いてあるのが、冷たいコーヒーです。
沢山の種類がありますね。さすが「博物館」という名前だけあるねぇ。🤣🤩

ペルーで一番おいしいコーヒーに出会う支配人は温かいコーヒーの「Ayacuchano(アヤクチャーノ)」を頼みました。☕
これは、「アヤクーチョのコーヒー」という意味なので、どんなご当地コーヒーが出てくるのか楽しみです。
でも、ミルクの入った、まるでカプチーノを大きくしたようなコーヒーです。
トッピングの色の綺麗な甘い粒粒は要らないんだけどなぁ~~。🤢😣🤐
だけど、Ayacuchoもコーヒーの採れる産地なので、このコーヒー、結構な美味しさでした。☕

ペルーで一番おいしいコーヒーに出会うミルクの入ったコーヒーが好きな私は、「Capuccino (Chantilly)」を頼みました。☕
Chantilly(シャンテリー)は、生クリームがたっぷりのトッピングのこと。
期待通りにおいしいコーヒーでした。☕
ペルーで生クリームはあまり巡り合わないんですね。ケーキなんかも、「バタークリーム」中心だもの。
ここでこんなにおいしいコーヒーが飲めるとは思っていませんでした。
今回の旅行の中で、ダントツです。
またペルーに行くことあったら、Ayacuchoへ行って、このお店に行きたいです。😝🤩🤣☕

ペルーで一番おいしいコーヒーに出会うおいしいコーヒーを飲んだ後は、ホテルに戻って、前日の疲れもあるので、まったりと過ごしましょう。
ホテルに帰る前に、折角だから広場にあるカテドラルが開いているので、中を見学していきました。

関連記事