2024-02-03

Tarataの町で遅めのランチ

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年12月2日(土)、一番の目的のアンデスの秘湯に浸かって大満足の私たち。
運転手さんの言うには、ランチはツアー料金に含まれているので、温泉のレストランで食べましょう・・・ということなんですが、何しろ温泉のレストランは、メニューが3種類しかなく、おかずになるものは鶏肉、牛肉、虹鱒しか選択肢がありません。
そこで、私たちはここから近い(車で10分くらい)の朝アイスクリームを食べた町の「Tarata(タラタ)」で食べたいです・・・と言いました。
そこには何軒かレストランがあるのを見ていましたからね~~~。

画像はクリックすると拡大します

Tarataの町で遅めのランチ「Tarata」の町へ戻ってきました。一番メニューの種類が多そうな、町の中心の広場の「Plaza de Armas」に面したところにあるレストランに入りました。

Tarataの町で遅めのランチおお~~、メニューの種類が多い❣💥。・・・しかし、やはり肉か魚のメニューばかり。
なので、ペルーの国民食の「Lomo saltado」の肉抜きができないか聞いてみると、OKですって。
だけどね、前回それを「Ayacucho(アヤクーチョ)」からの火山ツアーでやったところ、「牛肉」の替わりに「鶏肉」が入っていたことを思い出し、そうならないように慎重に注文しましたからね、今回は。🤣

Tarataの町で遅めのランチまずは温泉に入ってのどが渇いたので、フルーツのミックスジュースを頼みました。
すごくたっぷりでうれしいです。♪(^^♪~~♪!!

Tarataの町で遅めのランチ出てきましたペルーの国民食の「Lomo saltado」。肉は何も入っていませんでした。ほっとするわたくし。
それにしてもジャガイモのフレンチフライの量が多いです。😡

Tarataの町で遅めのランチでは頂きま~~~す。食べ物を前にして、いつものようにうれしそうな支配人の図。😝(^_-)-☆
運転手さんは、温泉でランチを食べなかったからと、ツアーに含まれているランチの料金、一人分10ソーレス(約400円)、合計20ソーレスを私たちに返してくれました。
いやぁ~~、戻ってこないと思っていた分だけれど、まじめな運転手さんで良かったです。良心的でした。💛

関連記事