2024-01-27

Arequipaのアイスとお寿司のランチ

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年11月26日(日) 曇り時々晴れ ☁☀、この日は日曜日。なので私たちもArequipaの街でのんびりと買い物などをしながら過ごしました。
広場の近くを歩いていると、Arequipa名物のチーズアイスを売り歩いている人が何人も目にします。
何回も見ていると、次第に食べたくなってしまうわたくし。😆(^_-)-☆
では頂くことにしましょうかねぇ。

画像はクリックすると拡大します

Arequipaのアイスとお寿司のランチAyacuchoの伝統的アイスクリームの「Muyuchi」のように、その場で作っているのとは違い、出来上がったものを保温性のある樽に入れて売り歩いています。
樽にキャスターが付いているので、移動しながら売っているんですね。
では一つ頂きましょう。

Arequipaのアイスとお寿司のランチこれがその伝統的なチーズ入りアイスクリーム。上にシナモンがかかっていて、おいしそう!!。

Arequipaのアイスとお寿司のランチさっそく頂く支配人。私も食べましたが、近頃のアイスクリームと違って、あっさり系でおいしかったです。
この後、アルパカショップを見て回りながら、まったりと過ごしました。

Arequipaのアイスとお寿司のランチそしてランチの時間に。
この日のランチは、2日前に行ったあのフュージョン寿司のお店「Misti sushi」にまっしぐら。
今回の旅の目的に、実は「ニッケイ料理」の探求も視野に入っていたので、ぺルー化したお寿司を色々と食べたいと思っていたので、丁度良い機会だったんです。
まずは2日前には材料の関係でなかった味噌汁から。量が多く、どんぶりに入ってきました。

Arequipaのアイスとお寿司のランチこちらは「カルフォルニアロール」。結構シンプルでした。今回は「わさび」もあったので、まるで日本で食べているような感覚でいただきました。

Arequipaのアイスとお寿司のランチ大きな丼の味噌汁を飲む支配人。さすがのこれは一つ頼んでシェアしました。

Arequipaのアイスとお寿司のランチこちらは「ヴィーガン・ロール」。2日前には材料の関係で魚入りになってしまったものですが、今回は完全にヴィーガン仕様になっていました。
アボカド、豆腐、シイタケなどが巻かれています。

Arequipaのアイスとお寿司のランチ寿司以外にもメニューは色々とありました。こちらはチャーハンのような「野菜炒めご飯」です。
お寿司だけだとね、野菜不足になるので頼んでみると、炒め野菜たっぷりです。
炒めご飯に牡蠣が入っていました。
この町は内陸部にあるのだけれど、何でもそろうんですね、現在は。

Arequipaのアイスとお寿司のランチ2日前に行ったときは、ワサビが無かったり、豆腐がなかったので、味噌汁が無い、ヴィーガンロールが魚入りになるなど、後ろめたく思っていたお店のオーナーさん。
今回リピートして行ったので、めちゃくちゃ喜んでくれました。
折角だから気さくなこのお店のオーナーさんと写真を撮りましょうね。📷とてもおいしくいただきました。御馳走さまでした。

関連記事