2018-12-09

聖なる谷の風景

2018年12月9日(日)、この日はお世話になっているNao tourの直子さんと私たち3人で、最近出来たという高級レストラン「Mil central」へ行ってみることにしました。
このレストランは、リマにある高級ペルー料理レストラン「Central」がクスコに出したお店です。
ネットで予約することしかできません。
携帯持っていない私たちは、直子さんに予約をしていただきました。
そしてこのレストラン、クスコ市内から車で1時間半ほどかかる郊外にあります。
しかし景色は抜群!!。
円形劇場のような形の「Moray」(モライ)の遺跡のすぐそばにあります。
そこまで行く間の景色も最高ですよ。
この辺りのことを、「聖なる谷」と呼んでいます。
インカの時代から様々な歴史を刻んできた谷です。

画像はクリックすると拡大します

聖なる谷の風景すごい良い眺め!!。
折角だから、直子さんと記念写真を撮りましょうね。
後ろに見えるのは、標高5682mの「Nevado Verónica」(ベロニカ氷河)です。
タンボ・ロッジで使っているコーヒー豆は、この山の反対側のアマゾンに下りて行く途中にある町、「Quillabamba(キジャバンバ)」の近くで作られた、フェアトレードのオーガニックのものです。
私はそのコーヒーを淹れる時や飲む時に、いつもこの風景を思い出しています。

聖なる谷の風景ベロニカ氷河と聖なる谷の畑。素晴らしい風景が広がります。

聖なる谷の風景 まるで絨毯を敷き詰めたような 広大な景色にほれぼれしてしまいます。

聖なる谷の風景インカの遺跡がある展望台に着きました。
ここで一休みしていきましょう。
今日はレストランへ行く途中だから、遺跡まで歩いて行く時間は残念ながらありませんが、時間があったら歩きたいです。

聖なる谷の風景おお~~、展望台の向かいに見える氷河の山は「Chicon(チコン)」標高5530mです。
そして下に町が見えますね。「Huayllabamba(ウァイジャバンバ)」と言う標高2850mの町です。

聖なる谷の風景Chiconの山の氷河も迫力満点です。

聖なる谷の風景アップで見るHuayllabambaの町。

聖なる谷の風景Chiconの横にもこんな険しい山が…。

聖なる谷の風景さすが観光地のクスコ、展望台にはお土産物屋さんがお店を出しています。(笑)

聖なる谷の風景空豆の畑から見るChiconの氷河。
聖なる谷の長閑な風景です。

聖なる谷の風景車で進むと、Chiconの見え方が変わります。手前の耕された畑がまるで絨毯のように見えました。

聖なる谷の風景これから何を植えるのでしょうか、綺麗に耕された畑とChiconの氷河を頂いた山です。

聖なる谷の風景さあ、Morayの遺跡のすぐ横にあるお目当ての高級レストラン「Mil central」(ミル・セントラル)に着きました。
スタッフが出迎えてくれます。それにしてもシンプルな、日干し煉瓦の建物ですね。

聖なる谷の風景なんとここには日本人の研修生が居ました。
東大で文化人類学を学んできたというFさんです。
出迎えのスタッフから紹介されました。
ちょっと写真が切れてしまいましたね。(笑)

聖なる谷の風景こちらがそのレストランから眺める円形劇場のような「Morai」の遺跡です。
盆地は標高差が少しでも気候が違うことを利用した「農業試験場」じゃないかという説がありますが、別の説もあり、どうしてこんな形の構造物が作られたかは未だに解っていません。
ただ、段々畑として使っていたようで、発掘すると古い種が出てきたりするそうです。

聖なる谷の風景レストランの横から見る「Nevado Veronica」。
こんな風景の中で食事なんて、素晴らしいですね。
ただしここは標高がクスコよりも高く、3604mあるそうなので、高地に慣らしてからでないと行けないレストランです。(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です