2018-12-04

Ongoy村を散歩(2)

2018年12月4日(火)、Ongoy村3泊目の日です。
この日はおいしい自然食の朝食をいただいた後、前の日と反対方向へ散歩してみることにしました。
とにかく長閑な風景が広がる、アンデスの山間部の散歩は楽しいです。

画像はクリックすると拡大します

Ongoy村を散歩(2)朝食は、前日食べたパンをフレンチトーストにしてくれました。
自然卵を使った自家製パンのフレンチトーストは最高です。
サラダもペルーっぽい!!。

Ongoy村を散歩(2)散歩に出発です。
ここは標高が比較的高くない(2800m)ので、坂道もそんなに苦になりません。
長閑な未舗装道路を歩いていても、車もほとんど通らず、排気ガスとは無縁の空気の良い環境です。

Ongoy村を散歩(2)やや低い標高のアンデスの原風景が広がります。
どこまでも歩いて行きたい気持ちになってしまいます。

Ongoy村を散歩(2)トウモロコシ畑は地形に合わせてこんな風に作られています。

Ongoy村を散歩(2)こちらもトウモロコシ畑。
抜けるような南半球の青い空と白い雲。

Ongoy村を散歩(2)道沿いの小さな家。日干し煉瓦で出来ている、古典的なお家です。

Ongoy村を散歩(2)谷を挟んだ向かい側にも小さな集落が点在していました。

Ongoy村を散歩(2)斜面のどんなところでも畑にしちゃっていますね。これぞアンデスの風景です。

Ongoy村を散歩(2)長閑すぎる秘境Ongoy村の風景。

Ongoy村を散歩(2)小さな家と後ろのの火山。

Ongoy村を散歩(2)畑の作業小屋と耕された畑。

Ongoy村を散歩(2)もうだいぶ歩いてきました。(1時間くらい)
この辺りで帰りましょうかねぇ。
眼下に小さい集落が見えました。

Ongoy村を散歩(2)元来た道を帰ります。
こんなにゆったりと散歩できるなんて、うれしいです。

Ongoy村を散歩(2)水が流れるところには、クレソンが茂っています。

Ongoy村を散歩(2)畑にならない急な斜面には、羊の放牧が・・・。

Ongoy村を散歩(2)Ongoy村の中心部に戻ってきました。
真っ赤な教会が目印です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です