2018-12-08

再びヴィーガン・レストランGreen point

2018年12月8日(土)、床屋さんと美容院で私と支配人はさっぱりとし、その足でランチを食べに行きました。
この日は土曜日で、やっていないレストランが多いです。
ベジ・レストランで目を付けておいたところはことごとくお休み。
しかし前の日に行ってとってもおいしかったヴィーガン・レストラン「Green point」はやっています。
そこで再びGreen pointへと足が向く私たち。

画像はクリックすると拡大します

再びヴィーガン・レストランGreen point植民地時代の面影を残す、クスコの細い路地を通り、Green pointへと歩いて行きます。
細い路地でも人がたくさん歩いていて、人がいない秘境じゃなくて、此処は都会なんだなぁ~~とつくづく思います。

再びヴィーガン・レストランGreen pointさて、注文したら、また例の付け出しが出てきました。
これ、とてもおいしいので、いくらでも食べたいです。(笑)

再びヴィーガン・レストランGreen point支配人はまたしつこく巻き寿司を注文。
相当寿司が好きなんだなぁ~~。(笑)
でも前の日ととりあえず違った巻き寿司ですが・・・。
これはスモークヴィーガンチーズと焼き茄子とアボカドが巻いてある寿司で、上の赤いのはパプリカです。
もちろん寿司をつけるためのソースは、トマトケチャップと醤油です。
なんだかこのケチャップがあるところがユニーク!!。

再びヴィーガン・レストランGreen point私はペルー料理を研究するんだもんね。
なので、ペルーの伝統的な大衆食の「Lomo saltado」(ロモ・サルタード)を頼みました。
普通は牛肉とアンデス原産野菜の炒め物ですが、ここはヴィーガン・レストランなので、肉の替わりにキノコが入っていました。
そして普通はすべて一緒に炒める時に味付けするんですけど、此処のはソースをかけて食べる様になっています。
酸味の利いたソースをかけると、たちまちオリジナルのLomo saltadoに変身!!。
とてもユニークな盛り付けです。
ご飯は玄米でした。

再びヴィーガン・レストランGreen pointおいしそうに連日お寿司を食べる支配人。余程好きなんだなぁ~~。(笑)

再びヴィーガン・レストランGreen point寿司の中身はこんな感じでとてもおいしいです。

再びヴィーガン・レストランGreen pointお腹いっぱいになったところで、インカの石積みの路地を通って帰りましょう。
剃刀の刃さえ通らないほどと言われている、きっちりと組み合わされた石積み、当時の技術に驚きます。
しかも正方形なんかじゃなく、石の個性に合わせた積み方ですからね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です