2019-02-11

アルマス広場の素朴なアイスクリーム

2018年12月1日(土)、おいしい郷土料理のランチを食べた後、歩行者天国の中にあるCD専門店でAyacuchoをはじめとするペルー音楽のCDを爆買いした私。(爆買いに夢中で写真はありません)
全部で50枚近く買いました。
でもこれを持って歩くんですよね。
まあここでしか買えないレアなものばかりですが・・・・(笑)
そしてそのあと、アルマス広場へ行くと、土日しか出店が出ない伝統菓子の屋台がずらりと並んでいました。
そこで、デザートにAyacuchoの伝統的な素朴なアイスクリームを食べました。
このアイスは、Ayacucho到着初日に食べましたが、それ以降、秘境に行っていたりで食べていませんでしたからね。
今回はじっくりと味わって食べました。

画像はクリックすると拡大します

アルマス広場のアイスクリームアルマス広場の一角に、屋台が並んでいて、たくさんの人で賑わっています。
さて、伝統的な素朴なアイスクリームをいただくことにしましょうね。

アルマス広場のアイスクリーム同じようなお店が並んでいます。
私たちは一番端っこにある、伝統衣装を着たお姉さんのお店のものをいただきました。

アルマス広場のアイスクリームまずは大きな氷が入った洗面器の中に浮かんだアルミの鍋をくるくる回します。
中に入った甘く味付けられたミルクが、鍋の縁について少しずつ固まってきます。
それをすくい取って器に入れるんです。

アルマス広場のアイスクリームこんな風に縁にミルクが固まります。
それを匙を使ってこそぎ落とし、カップに盛り付けます。

アルマス広場のアイスクリームはい、一つ出来上がりましたよ。どうぞ。
これは私たちの前に並んでいたお客様の分です。

アルマス広場のアイスクリーム私たちの頼んだ分を作っているお姉さん。
大盛にしてね・・・なんちゃって。(笑)

アルマス広場のアイスクリーム上にちょっとだけ赤いイチゴのソースをかけて出来上がりです。
本当に素朴なソフトクリームです。
これで1カップ2ソーレス=約¥70です。安いですね。

アルマス広場のアイスクリームおいしそうにパクパク食べる支配人。
半分残しておいてね~~。
これ、とってもおいしいですよ。
しかし、土日限定というのが少し残念ですが‥‥。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です