2019-05-26

米粉のサンセバスチャン

複雑な組み立てケーキの「サンセバスチャン」を、米粉生地で作りました。ウィート(小麦)フリー仕様です。
もちろんベーキングパウダーや重曹なども使わない、タンボ・ロッジオリジナルのヴィーガン仕様のふわふわスポンジ生地レシピです。

画像はクリックすると拡大します

米粉のサンセバスチャンキャロブパウダーを入れた茶色い生地と、プレーンの白い生地を4枚焼き、同心円状にくり抜いて、互い違いにして、キャロブのクリーム(豆腐ベース)を接着剤代わりに重ねて行きます。

米粉のサンセバスチャンフェアトレードのオーガニックダークチョコのコーティングをして完成しました。
この姿だと、ごく普通のケーキにしか見えませんね。(笑)
チョココーティングは、チョコレートにオリーブオイルを足して柔らかくし、まるで生チョコみたいに仕上げました。

米粉のサンセバスチャン切ってみると、そこには「チェッカーズ模様」が・・・・。
4枚重ねだから、高さもあり、リッチなケーキになりました。

米粉のサンセバスチャン完成です。
デコレーションはシンプルにしました。
赤い花は、食べられる花で、今回はオーガニックの苗を買ってきて、タンボ・ロッジの庭で育てている「ナスタチウム」を使いました。
とってもリッチでボリューム感ある、至福のヴィーガン・スイーツの出来上がりです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です