2008-11-05

リマで日本食

2008年11月5日(水)へと日付が変わるころにペルーの首都のリマの国際空港に到着した私たちは、空港からタクシーで知人の経営しているペンションへと向かいました。
そこに到着したのは、もう夜中の2時頃です。
流石に眠い・・・の筈ですが、何しろ時差があるので眠くないんですよ~~。体は昼間ですからね。(この時点で日本時間はお昼の12時です)
なので、11月6日(木)は、ペルーの首都、リマで一日、ゆっくりとしました。
というのも、以前タンボロッジによく泊まりに来てくださっていたKYさんという方がいますが、その方とリマで待ち合わせをしていたからなんです。
彼女は旦那さんの仕事の都合で、現在スペインのマドリッド在住で、事前のメールのやり取りでは、スペイン語はそんなに話せないなんて、言っていましたが、会ってみると、そんなことはなく、私たちよりもよくしゃべれるではありませんかexclamation×2
そりゃあ、本場のスペインに2年も住んでいればねえ。
時々の旅行でペルーに行く程度の私たちとは、格が違いました。
話せる人がいると、心強いですねえ。

ところで、リマでいつもお世話になるのは、日本人の方が経営しているペンション「カントゥータ」というところです。
ここでは、日本食が食べられます。
しかも、ほとんどすべてが手作りです。
味噌とか、納豆とか、とにかく、日本で手軽に手に入るものも、実はペルーには売っていないものがかなりあり、そう、餃子の皮なんかもそうですが、それらを食べようと思うと、当然ですが「手作り」しなければいけません。
それを、惜しげもなくお客さんに出してくれるのがうれしくて、ペルーの第一歩は、必ず利用させていただいています。

画像はクリックすると拡大します

リマで日本食朝食です。
ご飯、味噌汁、納豆、煮物などが並びます。
ここにいると、ペルーに居ることを忘れてしまうほど、安心してくつろげるんです。

リマで日本食では、いただきま~~す。
明日からの、過酷な(?)標高の高い「アンデス旅行」に備えて、たくさん食べちゃおうっと!どんっ(衝撃)
ご飯、お替りお願いしま~~す。・・・支配人さん、すごい食欲。(私も同じですが)

リマで日本食これは、このペンションの庭になっているトロピカルフルーツの「チリモヤ」です。
世界3大果実の一つといわれるほど、甘くておいしいんですよ。

リマで日本食こちらはビタミン豊富で、近頃日本でも知られてきつつある「カムカム」の果実です。
レモンの数十倍のビタミンCが含まれているそうです。
すっぱいけれど、おいしいですよ。

さて、いよいよ明日(12月7日)からは、高地順応も兼ねて、標高の高いアンデスに出かけます。
さてさて、どんなことになるやら、お楽しみに。

関連記事