2008-11-05

2008年アンデス旅行記スタート

この旅行記(食べ歩き日記)は、タンボ・ロッジの旧ブログより転載したものです。

「旅行記」といっても、ほとんどが食べ物のお話しに終始すると思われます。
「食意地」が張った皆様、ぜひお付き合いくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

exclamation×2ところで、私は普段、ベジタリアンで、穀物菜食の食事をしています。
乳製品、卵なども食べていません。
でも、ペルーやボリビアでは、ベジタリアンといえば、ほとんどが「卵、乳製品」は決定OKの「ラクト・オボ・ベジタリアン(Lacto-Ovo Vegetarian)」のことで、ベジのレストランに行っても、卵、乳製品が使われているのが現実です。もうやだ~(悲しい顔)
だから、今回の旅行では、なるべく避ける努力はしましたが、無理だった場合が多数ありました。
たぶんこのブログの記事にも、時々登場すると思いますが、こういう事情なので、その辺を考慮に入れて見てやってくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

画像はクリックすると拡大します

2008年アンデス旅行記スタート2008年11月4日(火)にタンボロッジを出て、まずは成田に向かいます。
旅のはじめから、贅沢にも特急スペーシアの普段は乗らない「個室」に乗っちゃいました。
広くて、本当にくつろげますよ。
このままペルーまで行けたらいいのに~~
当然飛行機は「エコノミー」ですからね。とほほほほ~~

成田発は翌日の11月5日(水)なのですが、なぜ成田に1泊(前泊)したかと言うと、実は「ボリビア」に入国する際に「黄熱病」の予防注射が義務付けられているということが、出発の3日前にわかったんです。
それで、急遽調べたところ、成田空港の検疫所でも、週に2~3回実施していることがわかりました。
それが、11月4日だったので、1日前に出かけたというわけなんです。

今回使った航空会社は「デルタ航空」です。
当然、機内食も、あらかじめ「卵、乳製品もとらない完全ベジ」(ヴィーガン料理)でリクエストをしておきました。
さて、ペルーに着くまで4食、いったいどうなるでしょうか、楽しみです。

2008年アンデス旅行記スタート11月5日の「成田~アトランタ」の機内食、まずは夕食です。
「きのこと温野菜のソテー」と「アーモンド入りのライス」、「マッシュルームと野菜のマリネ風サラダ」、パンと、植物性のバター(マーガリン)まあまあの感じですが、「マッシュルーム」が多すぎです。
体が冷えそう!!

2008年アンデス旅行記スタート夜食です。
野菜サンドイッチ、みかん、水。何しろ夜食ですからねえ。まあ、こんなものでしょうか・・・

2008年アンデス旅行記スタートアトランタ到着前に出た朝食です。
ターメリックライス、ナス、インゲン、ヤングコーンとキノコのトマトとワインのソース煮込み、野菜サラダ、パン、マーガリン。
これも、とても体が冷えそう。

2008年アンデス旅行記スタートアトランタで飛行機を乗り換えて、そこからリマまでの時に出た夕食です。
小さいパスタと温野菜のソースかけ。サラダとベジドレッシング、ライ麦パン、マーガリン、フルーツ。
今回は、これが一番よかったです。
でも、機内食でもベジで通せるなんて、いい時代が来たんだなあるんるんと感じました。

さあ、ペルーの首都、リマに着きました。
さすがに24時間もかかるので、疲れました。
この日は現地時間で夜1時を過ぎてしまいましたが、体は「昼」です。(時差は、日本マイナス14時間)
ひらめき時差ぼけにならないため、なるべくたっぷり寝ることにしましょう。

 

関連記事