2024-01-25

アンデスの秘湯(18)Yura温泉

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年11月25日(土) 晴れ☀☀、この日は2018年のアンデス旅行のリベンジの日です。
Arequipaから路線バスで1時間半ほど行ったところに、温泉があるんです。♨
でもね、2018年の時は、午後3時までで営業終了というのをすっかり忘れて、わざわざ路線バスに揺られてその温泉に着いたときは、もう午後4時になっていました。
だから入れなかったんです。😭😭
日本から来て、翌日はLimaに行かなきゃいけないから・・・とごり押しして、「足湯」だけはさせてもらいましたが・・・・
でもほんのりと硫黄の匂いがして温泉らしいお湯(少しぬるめです)に感動し、私はリベンジを誓ったのでした。
それが今日この日に叶う・・・嬉しいじゃないですか!!。😭♪♩🎵(^^♪~~♪!!

画像はクリックすると拡大します

アンデスの秘湯(18)Yura温泉5年前は直通バスがあったけれど、この時は乗り継いでいかないといけないように変更されていました。
まずはホテルで朝食をいただいた後、すぐに大きめの路線バスに乗り、途中の乗り換え場所まで、渋滞を抜け、約1時間で到着です。

アンデスの秘湯(18)Yura温泉涼しい顔をしてシートに座る支配人。🥰いつもね、路線バスでは必ずシートに座っちゃうから大したものです。
混雑していても、私がふと気が付くと、座っちゃっているんですから。😝🤪🤣
なんか要領良いんじゃないかなぁ~~~。🤣

アンデスの秘湯(18)Yura温泉乗り換え地点で大きいバスを降り、小さめのワゴンタイプのバスに乗り換えます。

アンデスの秘湯(18)Yura温泉走ることおおよそ30分、目的の「Yura温泉」に到着しました。

アンデスの秘湯(18)Yura温泉あ~~、懐かしいです。5年前もこの階段を下りて、温泉に向かいましたから。♨
右側のホテルのフロントで、入場券を買い、温泉へGO~~💨
この温泉には「水泳帽」が義務付けられています。
しかし私たちは持っていません。
そんな人のために、使い切りのシャワーキャップのような帽子をチケット売り場で、一つ約¥40で売っていました。
ホテルに置いてあったシャワーキャップを持って来れば良かったと後悔🤢😭^_^;🤪(笑)

アンデスの秘湯(18)Yura温泉まずチケット売り場から一番近いお湯に行ってみると、すでに何人かのお客さんがお湯に浸かっていました。
でもこの温泉はぬるいそうです。受付の人が、一番温度が高いのは、この下にある「Tigr(ティグレ)」の湯だというので、さっそくそこへ向かう私たち。

アンデスの秘湯(18)Yura温泉やって来ました「ティグレの湯」。5つの浴槽にお湯が満たされています。
5年前に来たのはここなので、なんだか懐かしいです。しかし今回はお湯が張られていますからね、ゆっくりと浸かりましょう

アンデスの秘湯(18)Yura温泉浴槽の下から、ぼこぼことお湯が沸き出しているのが分かります。さっそく入りましょうね。

では支配人が入るところを動画でそうぞ。お湯が下から湧いているのが分かると思います。
お湯はぬるめですが、長く使っているととても体が温まります。

アンデスの秘湯(18)Yura温泉やっほ~~~、気持ち良いですよ~~~。と支配人。🥰

アンデスの秘湯(18)Yura温泉嬉しそうですね~~~。私もさっそくゆっくりと浸かりました。やはり温泉は最高!!。♨♨
リベンジできて本当に良かったです。😭(^_-)-☆🤩🥰

アンデスの秘湯(18)Yura温泉この日は土曜日なので、次第に入りに来る人が増えてきました。
私たちは5年前のリベンジなので、早めに来たのが幸いして、すいているお湯にゆっくりと浸かれて最高でした。♨
旅の疲れを癒しましょうね。💛

アンデスの秘湯(18)Yura温泉あ~~気持ち良かった・・・と嬉しそうな支配人の図。🤩♪♩♪(^^♪~~♪!!さて、お腹すいたし、🤪ランチに間に合うようにArequipaの町に帰りましょうね。

アンデスの秘湯(18)Yura温泉乗り合いバスがやって来ました。🚌1回乗り換えて、Arequipaの町へと戻ります。🚍

関連記事