2024-01-29

夕食はフォルクローレのライブを見ながら

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年11月27日(月)、Arequipaから標高3600mの町「Chivay」へツアーバスでやってきて、ビュッフェのランチを食べ、温泉を満喫した私たち。♨
後は夕食を食べて寝るだけです。😝🤪
夕食は、ツアーだからね、レストランに連れていかれてフォルクローレ(アンデスの民族音楽)のライブを見ながらということになりました。
ここで脱走(笑)して、ライブを見ないで静かに町の小さなレストランで夕食・・・という手もあったけれど、地元の音楽がもしかしたら聴けるかもしれないという淡い期待の下、行ってみることにしました。

画像はクリックすると拡大します

夕食はフォルクローレのライブを見ながらレストランに着いて、まずは高山病に良いとされる「コカ茶」を飲みました。
何しろここは標高3600m、富士山とほぼ同じ高さにある町ですからね。

夕食はフォルクローレのライブを見ながら食事を注文して、料理が出てくるころにライブが始まりました。
しかし・・・選曲はボリビアの音楽ばかり。
私はペルーの音楽が大好きなので、ペルー物をたくさん聞きたかったです。
ボリビア音楽も嫌いではないけれど、ここはなんといってもペルーですからね。
同じパターンの選曲に、次第に飽きてきてしまい、なんだか一人でしらけてしまいました。

夕食はフォルクローレのライブを見ながら音楽をBGMのつもりで(それにしては音量大きいです🥵)、料理を食べることに専念しましょうね。
これは「Sopa de verduras con quinua」、キヌア入り野菜スープです。
なかなかおいしくいただきました。
量が多いことを予想して、2人で1つをシェアしました。

夕食はフォルクローレのライブを見ながらメインディッシュにベジ系のパスタを2つ頼みました。
こちらは「スパゲッティー・ナポリタン」の肉抜き。トマトソースがたっぷりとかかっていておいしくいただきました。
ただし、例によって麺はアルデンテではなく、伸びていましたけれどね・・・。

夕食はフォルクローレのライブを見ながらこちらは緑のソースのスパゲッティー。「ペスト・ジェノベーゼ」。
しかし、ソースかけ過ぎ(笑)。しかもかなりの大盛り。そしてこちらは単調な味です。
しまった🥵2人で一皿ずつ頼んでしまいましたからね、食べられない量ですよ、これは。
いったい一人何グラムのパスタを使っているんだろうか??。

夕食はフォルクローレのライブを見ながらフォルクローレショーをBGM替わりにパスタを食べる支配人。
このパスタがいかにめちゃ大盛りなのがこの写真で分かりと思います。これは参りました。

夕食はフォルクローレのライブを見ながらデザートはサービスでついていました。これは片栗粉でとろみをつけたゼリー状のペルーの伝統的なスイーツの「Mazamorra(マサモーラ)」です。
上にシナモンがかかっていて、私は結構好きなデザートです。

夕食はフォルクローレのライブを見ながらお腹いっぱいに食べ、(緑のパスタは残してしまいましたが)お腹を抱えながら帰りはホテルまでみんなで歩いて帰りました。
この日は満月の夜。満月が煌煌と輝く町の中心部の広場を通ります。🌕
この「Chivay」の町は、2016年に起きた地震で、壊滅的な被害が出たのですが、その後復興し、以前は「アンデスの寒村」的な趣だったのが、かなり近代的に変わっていました。
広場もなんだか田舎町じゃないみたいに綺麗です。

夕食はフォルクローレのライブを見ながらぞろぞろと同じホテルに泊まっているグループ同士が一緒にホテルまで話ながら歩いて帰りました。
夜のお散歩も気持ち良いです。

夕食はフォルクローレのライブを見ながらお店も閉まって静かになった賑やかだった町の中心部。
明日はコンドルを見に行くために早起きなので、宿に帰って早寝しないとね。💤~☺

関連記事