2024-01-08

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年11月11日(土)曇り時々晴れ⛅☀、この日は夜行バスを使って、ペルーの首都のLimaから、アンデスの町「Ayacucho(アヤクーチョ)」までの約560kmを移動します。
今回使うバス会社はペルーでは一番信頼性の高い「Cruz del sur」という会社。バスターミナルのある「Javier Prado(ハビエル・プラード)」を出るのが夜の22:00です。
ということは、丸一日時間があるんですね。
そこで、宿で朝食と夕食をいただくことにして、食べ過ぎになるのでランチは抜き、午後のひと時に、宿のすぐ近くにある大型ショッピングセンター「Espalda de Plaza San Miguel(エスパルダ・デ・プラッサ・サンミゲール)」に入っている高級レストラン「Tanta(タンタ)」においしいスイーツを食べに行きました。
このお店は、ペルーで超有名なシェフ「Gastón Acurio(ガストン・アクリオ)」が監修したレストランで、おいしいことで有名です。

画像はクリックすると拡大します

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶2人いるので、2種類のスイーツと、コーヒーを頼みました。
こちらは「Lucumita(ルクミータ)」というスイーツで、ペルー独特の果物の「ルクマ」を使ったスイーツです。
黄色いパウダーは、「ルクマ」のパウダーです。

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶こちらは「Pasión(パシオン)」という名前の、「パッションフルーツ」をたくさん使ったスイーツです。

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶いつものようにおいしそうなスイーツを前にうれしそうな支配人の図。😝(笑)

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶ルクマのスイーツは、下からカカオのタルト⇒チョコレートのムース⇒ルクマのムースとトッピングの順になっていて、ルクマ独特の風味がして、いかにもペルーのスイーツらしくておいしいです。
大きくて激甘のスイーツが多いペルーですが、このスイーツは大きさも甘さも丁度良かったです。

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶パッションフルーツのケーキは、下からタルト生地⇒ホワイトチョコレートのムースに包まれたパッションフルーツのムース⇒パッションフルーツのジュレとトッピングの苺のコンポートです。
こちらも大きさと言い、甘さと言い、丁度良かったです。また食べたいです~~~。😅

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶エスプレッソコーヒーを頼みました。ここのコーヒーは、今回のペルー旅行の中で、2番目においしかったです。
横にあるグラスは、炭酸水で、通常は水が付いてこないペルーですが、こちらのお店はサービスでついていました。

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶そして、ショッピングセンターの近くに最近できたというオーガニックショップ。
そこで今回の旅行に持っていくお茶を探しました。
私たちはお湯を沸かす「コイルヒーター」というものを持っています。なので、ティーバックのお茶は必需品。
ホテルなどの部屋でいただくと、疲れが癒されます。

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶おお~~、ペルーの食材が売っています。
こちらは黄色い唐辛子のペースト。しかもオーガニック。これは日本にはないオーガニックの瓶詰なので、帰りに爆買いしたいです。🤣

宿の近くの高級レストラン「TANTA」でお茶自然食のショップだけあり、オーガニックのジャガイモの種類も豊富。さすが原産国ですね。
タンボ・ロッジから近かったらたくさん買いたいです。(笑)(^_-)-☆

関連記事