2019-02-04

Andamarca村の千枚畑

2018年11月28日(木)、この日はペルーアンデスの秘境「Andamarca村」でのんびりと過ごします。
村の中の散歩を終え、私たちは村の後ろにある「千枚畑」に行ってみました。
日本では「千枚田」があちこちにありますね。
でもここのは田圃じゃないから、「千枚畑」です。(笑)
実際に行ってみて、千枚以上はあると思います。
だから「五千枚畑」または「一万枚畑」と呼びたい壮大な規模でした。
しかも日本のように、保存しなければ維持ができないと言う訳ではなく、今ももちろん現役で、Andamarca村の暮らしを支えています。
しかし標高3456mですからね、ここで働くのはめちゃくちゃきつそうです。

画像はすべてクリックすると拡大します。

Andamarca村の千枚畑壮大な規模の千枚畑。いったい全部で何枚あるか、数えることは不可能なことでしょう。

Andamarca村の千枚畑「千枚畑」を眺めている展望台から村を振り返ると、こんな感じに見えています。

Andamarca村の千枚畑壮大な規模の「千枚畑」。トウモロコシや空豆などが植えられていました。

Andamarca村の千枚畑高地なので、農作業は大変に違いありません。
しかもこんなに小さい畑だから、すべて手作業だと思われます。

Andamarca村の千枚畑「千枚畑」の下には川が流れ、豊かに整備されたアンデスの風景は見ていてとても心地よいです。

Andamarca村の千枚畑驚きの「千枚畑」よくこれ作くったなぁ~~、思うと同時に、これ維持しいる人を尊敬してしまいます。

Andamarca村の千枚畑どんな角度から見ても美しい風景。

Andamarca村の千枚畑「千枚畑」を少し離れたところから見ていました。
それでもすごい風景です。

Andamarca村の千枚畑村の街並みを挟んで「千枚畑」の反対側を見ると、規模は小さいながらもこちらも段々畑になっています。
この規模でも日本では千枚田の名所になるに違いありません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です