2024-01-31

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェ

この記事は2023年11月8日~12月21日まで、私達が南米のペルーを食べ歩いた時のことを後から記事にしたものです。

2023年11月28日(火)、テーマパーク化してしまった「コンドル見学ツアー」。とても残念だけれど、遠くの大空を飛んでいくコンドルしか見れずにがっかりのわたくし。🥵😡🤢😭
今まで2回コンドルを見ましたが、どちらも素晴らしかっただけに、かなりのがっかり度でした。
しかし、もう終わってしまったので、それはしょうがないとあきらめ、帰路を楽しむことにしましょう。

画像はクリックすると拡大します

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェツアーバスは展望の良いドリンクのお店に立ち寄りました。
ここでのドリンクは、何といっても名物のカクテル🍸「Colca sour」。
このカクテルのサワーは、「Cañón del colca(カニョン・デル・コルカ)」コルカ渓谷で採れるサボテン「Sancayo(サンカーヨ)」の実を使い、ペルーの葡萄の蒸留酒の「Pisco(ピスコ)」と合わせたカクテルで、この渓谷でしか飲めないそうです。
へぇ~~~、私はお酒に弱いけれど、味見てみたい!!。
そこで、支配人と半分ずつシェアしました。

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェこちらがそのサボテンの実。味見に出してくれました。
酸味があって、少し甘くて、青臭くもなく、とってもおいしいです。
どちらかというと、種の感じがキウイフルーツに近い。このカクテル、すごく楽しみです。♪(^^♪~~♪!!

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェこちらがそのウチワサボテンの「Sancayo(サンカーヨ)」の実。
すごくトゲトゲしていて、触るととげが刺さりそうで痛いです。それの中身を取り出すのって、大変だなぁ~~~。

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェさて、コルカ名物の「コルカサワー」、いただきま~~~す。
めちゃおいしいじゃありませんか❣💥。程よい酸味と甘さと爽やかさ、口当たりが良くて、がぶ飲みできそう・・・・🍸
しかし、Piscoは40度以上ある蒸留酒ですからね。がぶ飲みすると、私はアルコールに弱いから、へべれけになること間違えなしです。🥵🤪

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェお酒で赤い顏😡をしながら、Chivayの町へとツアーバスで戻ります。
例の段々畑が広がる風景、何度見ても見飽きません。一日中、ボぉ~~~と眺めていたいくらいの私です。

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェちょうどお昼の時間に戻って来たChivayの町で、行とは違うお店だけれど、ランチのビュッフェを食べました。(ツアーとは別料金)
今日はね、標高の低いArequipaに戻るだけだから、たくさん食べちゃいましょうね。🤪

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェまずは第1回目はこれくらい取ってきました。温野菜やベジ系チャーハン、生野菜など、ドレッシングも沢山かけてきました。

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェずらっと並んだビュッフェの食事。2回目も行かなくっちゃね。🤪

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェこれは人参のスープ。黒いものは、私の大好きな黒オリーブの塩漬けだと思ってスープに入れたら・・・・
実は「葡萄の実」でした。
一口食べて、びっくりです。🤪🤣🥴❣💥。

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェこちらは2回目のプレート。やはり私の大好きなビーツも取って来ましたよ~~。おいしいんだもん。🤩

Cañón del colca名物のカクテルと、ランチビュッフェもうあとは車に揺られてArequipaへ帰るだけですからね、スイーツも食べちゃおっと。
イチゴのムースとカステラのようなスポンジケーキをいただきました。かなりお腹いっぱい❣💥。
帰りのバスではうたたね専門の私でした。🤪😜💤~~~(笑)

関連記事