2019-11-09

オーガニック紅玉の加工

昨日、青森県にある「竹嶋農園」の化学農薬不使用、化学肥料不使用栽培「紅玉」が届きました。
さっそく加工して、タンボ・ロッジのスイーツづくりなどに利用していこうと思います。
紅玉はフジなどに比べて傷みやすく、素早く加工しないといけません。なので、到着したその日に加工しました。

画像はクリックすると拡大します

オーガニック紅玉の加工真っ赤でおいしそうな林檎の紅玉がずらり!!。
自分たちで食べる分などを取り分けた後、これだけの量を加工します。結構たくさんあるなぁ~~。(笑)

オーガニック紅玉の加工まず総量の3分の1くらいを、皮を剥いて「ドライリンゴ」に加工します。
タンボ・ロッジはもう薪ストーブを燃やしている季節なので、その薪ストーブの上の天井にぶら下げて、乾燥します。
タンボ・ロッジのリビングの天井は吹き抜けなので、こうして冬の間はドライものがよく出来るんですよ~~。

オーガニック紅玉の加工残りの分は、皮つきのままミキサーに入れて、「紅玉のソース」を作りました。
思った程色が赤くならなかったのが残念無念!!。う~~む、赤を保てる方法を実験しなければ!!。
そして、タンボ・ロッジの手作り米飴を入れた「紅玉のジャム」を少しだけ作りました。(右側の赤くない瓶がそれです。)
年末から年始にかけての頃には、同じ農園の安全な「サンフジ」を購入して、また別の味の加工品を作る予定です。

関連記事

コメント1件

  • アバター 高橋りかこ より:

    貴重な紅玉だと思います。私の住む地域岐阜市では販売されていない場合があります。りんごは私にとって大事な果物でこの時期はほぼ毎日で食べてます。因みに岐阜県では飛騨りんごが有名です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です