2019-02-18

自然農法のアボカド狩り

2018年12月5日(水)、3泊滞在した秘境「Ongoy村」を出発し、クスコ方面へと向かう日がやって来ました。
朝起きると、Shokoさんの旦那さんのビクトルさんが、「朝食ができるまで、アボカドを収穫しましょう」と持ち掛けてくれました。
さっそく収穫の喜びを味わいましょう。

画像はクリックすると拡大します

自然農法のアボカド狩りたわわに実った貴重な自然農法のアボカド。
フレッシュでとてもおいしそう!!。
さっそく収穫しましょうね。

自然農法のアボカド狩りうっしっし~~ という顔丸出しの私。(笑)
手の届くところのはこうしてちぎって収穫します。

自然農法のアボカド狩りおおっ、ビクトルさんが「高枝切り鋏」みたいな手作りの道具を持ち出しました。
これで実ったアボカドをひっかけて落とします。
地面は自然農法の畑だから、ふわふわ。
だから落としてもアボカドの実にダメージはありません。

自然農法のアボカド狩りたわわにたくさん実ったアボカド。
すごい大量に枝についています。

自然農法のアボカド狩り次々と落としていくビクトルさん。
私は拾う係りです。

自然農法のアボカド狩りこんなに収穫しました。
色が紫のものは原種に近いものだそうで、収穫後数日で食べられるそうです。
緑の私たちが良く見かけるタイプのものは、収穫後、半月ほど置かないと食べられないそうです。
だからね、この場で食べられないの。(笑)
そんな私たちのために、これはお土産にどうぞ・・・と頂いちゃいました。
旅の道すがら、食べることにしましょう。
こんな貴重な自然農法のアボカドだから、日本に持って帰りたいのは山々ですが、さすがに日本までは生ものだから持って帰れないのが残念です・・・・。
Shokoさん、Victorさん、貴重なアボカドを、本当にありがとうございます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です