2013-12-14

有名パテシエのお店「bubö」

2013年12月14日(土)、お昼と夜にかけて、4軒ものBARをハシゴした揚句、帰り道に私達はスペインで超有名なパテシエの「Carles Mampel」さんのお店、「bubö」(ブーボ)へ寄り道しました。
だってねえ、ここのお店のチョコレートケーキは、2005年の「ワールド・チョコレートケーキ・コンクール」の金賞🏆を受賞したケーキですから。❣💥。
それを食べずに帰国するなんて、もったいないですからねぇ。
というわけで、お店に吸い込まれるわたくしたちです。(笑)

画像はクリックすると拡大します

有名パテシエのお店「bubö」ちょっとおしゃれな店構えの「ブーボ」。どんなケーキが並んでいるのかなぁ~~、と、興味津々です。

有名パテシエのお店「bubö」うひゃ~~~、全部一口ずつ食べたい・・・・。😆・・・それはさすがにできないので、友人と私達の分で3個買って帰りました

有名パテシエのお店「bubö」うわっ!!❣💥、目の毒!!!(@_@)☠☠。(笑)色々なおいしそうなおしゃれなケーキがたくさん・・・・どれを買うか迷いますね。

有名パテシエのお店「bubö」お酒を飲んでいたので、このお店から千鳥足で友人宅へ帰宅しました。(笑)
ではさっそく友人宅で食べましょうね。一口ずつ・・・・
これは「Namelaka(ナメラカ)」と言う名前のケーキ。ナメラカなんて、日本語じゃん!!。
それもそのはず、下の緑のスポンジは、「抹茶のスポンジ」ですよ。
中のクリームは、「ジャンドゥージャ・クリーム」の団子です。
ジャンドゥージャ・クリームとは、昔、チョコレートの「カカオ豆」が不足した時に、急遽「ヘーゼルナッツ」を混ぜて増量したそうだけれど、それがとてもおいしかったので、カカオ豆が足りないということに関係なく、定着した「チョコレートクリーム」のことなんです。(イタリアの話)
実はこのケーキ、帰国してからタンボ・ロッジでさっそく真似して作っちゃいました。
かなりの良い出来に満足です。
あっ、タンボ・ロッジのは「ビーガン仕様」なので、もちろんミルクや卵は使わないで作りました。✊。

有名パテシエのお店「bubö」そしてもう一つ、「Sarah praliné」という名前のケーキ。アーモンド入り「ダコワーズ」生地です。🍰
バタークリームを塗り、何層にも重ね、カラメルを和えたヘーゼルナッッがトッピングです。
ちょっとこってり系のケーキです。

有名パテシエのお店「bubö」そして「真打ち」登場❣💥。
これが「世界チョコレートケーキコンクール」の金賞受賞🏆🏆ケーキの「Xabina」。
滑らかで美しいチョココーティング、トッピングは小さいマカロン。こりゃあおいしそう!!。🍰

有名パテシエのお店「bubö」中は、スポンジ生地が入っている!!。
これはやはり断トツにおいしい!!。❣💥❣💥ヽ(^o^)丿(●^o^●)
中のチョコムースがたまりませぬ。(●^o^●)
さすが金賞をGETしただけありますよ。🏆
べジで真似したいけれど、これは不可能に近い・・・・しかし、無理は承知で今タンボ・ロッジで研究中です。
頑張ります!!。・・・(2020年に完成しました。)

まだまだ食べたいケーキがあったなぁ~~。(*_*;
また来ないといけませんね、スペインに😆🥰🤗。

関連記事