2008-11-12

アンデス名物(2)

2008年11月12日(水)、この日はAyacucho滞在の一日です。
そこで、アヤクーチョで飲んだ、ペルー名物のドリンクを2つを紹介しましょう。
びっくりする独特なものですよ。(笑)

画像はクリックすると拡大します

アンデス名物(2)植民地時代の面影が色濃く残る、Ayacucho(アヤクーチョ)の町の中央広場「Plaza de armas(プラッサ・デ・アルマス)」です。
ではさっそく朝食を食べに、町に出かけましょう。

アンデス名物(2)朝食のパンです。しかもこれはこのAyacuchoの町のパンなんです。素朴で、とてもおいしいんですよ。
地元産の地粉を使って、真ん中に大きな空洞がある、石窯で焼いた独特のパンなんです。
★ペルーはパンのおいしい国です。るんるんるんるん
いろいろなところで食べましたが、今まで外れたことがありません。わーい(嬉しい顔)
それほどレベルが高いんですね。
小麦粉は、ほとんどすべてが「中力粉」です。
アメリカ産の強力粉のように、グルテンが多い小麦粉を使った、食パンのようなふわふわパンもあるのですが、それはアメリカからの輸入小麦で作られているパンで、しかも日本の「ヤマザキパン」のようなペルーの大手メーカーのパンに限られているんです。
だからね、こういう素朴な地元の粉で作られたパンを選べば、外れることがないので、とても安心感があります。

アンデス名物(2)さて、これはいったいなんでしょうか?
お湯が入ったカップと、お醤油のようなものが入ったビン。
後ろの砂糖つぼはいったい何のため・・・
・・・実はこれが「ペルー式コーヒー」なんです。( ゚Д゚)

コーヒーは深炒りにし、パウダー状に細かく挽きます。それを鍋で少し煮出し、フィルターで漉します。
その「コーヒーエキス」が左側の「醤油のような」ビンに入れてあるんです。
それを、お湯が入ったカップに注ぎ、好みの濃さにして出来上がり。
なんだか不思議な感じです。猫

アンデス名物(2)さあ、コーヒーエキスをカップに注ぎましょうね。
好みの濃さまで、どぼどぼどぼ~~っ!!
一度煮出している濃縮コーヒーなので、香りが弱く、自分的にはそんな好みではありませんが、伝統的なコーヒーはこれしかないので(田舎では)仕方がないですね。(笑)

アンデス名物(2)さて、これはペルー名物の清涼飲料水です。
その名も「インカコーラ」どんっ(衝撃)
すごいインパクトのある名前です。
ペルーでは、コカコーラと1,2を争う人気の清涼飲料なんですよ。
でも、普通のコーラと違い、色が黄色いですよね。
実はこの色、「インカの黄金の色」なんだそうですよ。ひゃ~~がく~(落胆した顔)
そして、普通のコーラとは違うので、個性を主張するために、「コーラ」の頭文字が「C]ではなく、「K」なんだそうです。どひゃ~~ちっ(怒った顔)
パクリ商品も、ここまで来ると、敬意を表したくなっちゃうから不思議なものです。
でも、今ではこの黄色い色を出すために、合成の着色料が使われているので、体に悪いので、あまり飲まないようにしましょう。ね

関連記事