2019-12-24

ゲストハウスで料理&スイーツ教室(1)

この記事は2019年12月4日~18日まで、私達がアメリカのサンフランシスコへ旅した時のことを後から書いたものです。

2019年12月7日(土)、料理&スイーツ教室の日がやって来ました。
この日のために、日本で、そして昨日この場所で、ずいぶん試作をしたのが思い出されます。
教室の場所は、4日間ほど滞在しているGlenwoodの森のゲストハウスです。
この日のテーマは、ひよこ豆粉の使い方として、すべてヴィーガン仕様の「カスタードプリン」「クレームブリュレ」「茶碗蒸し」、そしてクリスマス間近なので、「シュトレン」です。
すべてグルテンフリー仕様で作ります。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室まずは朝食に、いつものしのぶさんのおいしいお粥を出していただきました。
これで元気に教室を乗り切りましょうね。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室さらに、前に日に買ってきた、地元のおいしいパン屋さんのおいしいパンとヴィーガン・チーズも食べました。
もちろん両方ともオーガニックです。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室さて、午後1時からの教室が始まりました。
この時私が着けているエプロンは、しのぶさんからプレゼントされたものです。
サンタクロースの絵が一面に書いていあり、とても可愛いです。お気に入りになりました。(笑)
まずは現地のお米を使って、製粉するところから始まります。
米粉の細かさを決めるための篩い。その見分け方から始まりました。
此処が日本とは違うところですからね。日本ではタンボ・ロッジプロデュースの「こめっ粉40」が売っているからね、楽なんですよ~~。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室カスタードプリンを型に流し込んでいるところです。
このひよこ豆粉を使ったヴィーガン仕様のカスタードプリン、卵を使っていないとは信じられないほどのリアルな出来になるのが不思議です。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室ヴィーガン仕様の米粉とひよこ豆粉の「シュトレン」も焼き上がりました。
上の白い粉は、粉砂糖ではありません。ポンせんを粉にして振りかけてあるんですよ~~。
そうすると、甘すぎないですからね。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室教室は順調に進んでいきました。
キッチンでは、しのぶさんが夕食の準備をしています。
裏方さん、頼もしいです。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室夕食が出来上がりました。
この日は「茶碗蒸し」があるので、「手巻き寿司」だそうです。素晴らしい!!。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室お吸い物と手巻きずしの具が並びます。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室食事を前に、2日前に買ってきたオーガニックのロゼのワインで乾杯です。
参加者が多いため、全員の写真が撮れなかったです。(全員が並ぶととてもごちゃごちゃしてしまうため)

ヴィーガン茶碗蒸し実は茶碗蒸しの写真を撮り忘れてしまいました。
そこで、タンボ・ロッジで撮影したものを此処に貼り付けておきます。
卵を使わない茶碗蒸し、でも卵っぽくておいしくいただきました。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室食後のデザートは教室で作ったカスタードプリン。
かなりリアルでおいしそうで、「もどき」とは思えない完成度です。
実はこのプリンが今回の教室の中では一番好評でした。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室そしてプリンの兄弟分の「クレームブリュレ」です。
この上にオーガニックののキビ砂糖をかけて、バーナー又は古典的に金属のスプーンを火で加熱してカラメルを作ります。

ゲストハウスで料理&スイーツ教室クレームブリュレの完成です。
このほかに、シュトレンまでありますよ~~。
これで一日目の教室が無事に終了しました。
明日はまた同じ時間から、2回目の教室です。もうひと頑張りですからね、頑張らなくっちゃ!!。✊
今回は参加してくださった皆様、ありがとうございます。
この日だけしか参加できない方もおられましたので、ここで御礼させていただきます。
日本から遠く離れたこの場所で、少しの時間だけれど共に過ごせたことを感謝しております。
ありがとうございます。

関連記事