2019-12-21

サンフランシスコまでの機内食

この記事は2019年12月4日~18日まで、私達がアメリカのサンフランシスコへ旅した時のことを後から書いたものです。

2019年12月4日(水)、タンボ・ロッジをややのんびりと車で出発した私たちは、午後3時頃に成田空港の民間駐車場に車を止め、ターミナルまで送ってもらった後、チェックインをして、機上の人になりました。
今回使う航空会社は、評判の良いシンガポール航空です。
しかしロスアンジェルス乗り換えなんですよ~~。(安いチケット買ったから仕方ないですが…)
さて、暇な機内での楽しみは、何と言っても「機内食」。今回は「インディアン・ベジタリアン食」をリクエストしました。
インド風のベジ食ですが、乳製品は使います。
果たしてどんな感じでしょうか!!楽しみです。

画像はクリックすると拡大します

サンフランシスコまでの機内食離陸後に出てきた夕食がこちらです。結構おいしそう!!。ナンと!!ナンまで付いています。ナンちゃって(笑)。

サンフランシスコまでの機内食アルミホイルを開けると、なんだかおいしそうなカレーが出てきました。
2種類のカレーにインディカ米のご飯。マンゴーチャツネ(小さい器に入っている)まで付いていますよ~~。
結構本格的なインド料理で、とてもおいしかったです。
昨年のアンデス旅行やその前の旅行も、機内食には全く恵まれていなかった私たちにとって、涙ものの食事でした。(^O^)/

サンフランシスコまでの機内食そして、長い飛行時間の後、着陸前に出された食事がこちらです。今度はナンではなくて、パンが付いていますね。

サンフランシスコまでの機内食メインディッシュの中身は、とてもおいしいカレーと、カレー味の麺でした。
しかしほどほどに辛いです。
でもね、辛いの苦手な支配人も全部食べられるレベルでしたからね。

サンフランシスコまでの機内食おいしそうに食べる支配人。
本当に長時間のフライトは、これしか楽しみはありませんからねぇ。
だからおいしくないの出された時の落胆は大きいです。(笑)なので、おいしくてありがたかったです。

サンフランシスコまでの機内食ロスアンジェルスの空港で、サンフランシスコ国際空港行きのアラスカ航空の便に乗り換えます。
面倒な入国が終わると、荷物をピックアップして、もう一度カウンターに荷物を預けなくてはいけません。
そして預け終わり、ホッと一息!!。
那須のヴィーガン・レストラン「Café Cuore Del Sol」さんで買い求めたあんぱんをほおばる支配人。
後は約1時間15分のフライトで、サンフランシスコへと向かいます。
しかし、こういうところで食べるあんぱんは、めちゃくちゃおいしいです。(笑)

関連記事