2019-12-24

ヴィーガン・レストランで夕食

この記事は2019年12月4日~18日まで、私達がアメリカのサンフランシスコへ旅した時のことを後から書いたものです。

2019年12月5日(木)、午前中からオーガニックの意識が高いサンタクルーズの町へ出かけ、週末に予定しているスイーツ&料理教室に使う食材の買い出しや、自分たちの買い物を済ませた私たちは、一旦しのぶさんのゲストハウスへ戻り、一休みしました。
その後、夕方から夕食を兼ねて、少し足りない食材の買い出しに、今度はゲストハウスから北に位置するサンノゼの町まで出かけました。
まずはお腹すいたから、夕食!!。
ヴィーガンのファミレスみたいなレストラン「Merit vegan restaurant」へ出かけました。
しかし、ヴィーガンのファミレスなんて、日本にあったら良いのになぁ~~。(笑)

画像はクリックすると拡大します

ヴィーガン・レストランで夕食レストランの看板は、Vegetarianになっているけれど、今は完全なヴィーガン料理のレストランだそうです。
このレストラン、アジア系の料理だそうですよ~~。

ヴィーガン・レストランで夕食サラダは「パパイヤのサラダ」を頼みました。
日本ではめったに食べられない、グリーンパパイヤのサラダ、スパイシーな「セイタン」(グルテンミート)と豆腐、人参やバジルなどのハーブが入り、甘めの軽いドレッシングがかかっていて、上にナッツ類がまぶされています。
グリーンパパイヤが、シャキシャキしていて大根の細切りみたいに感じます。
甘酸っぱい中華風の味付けで、おいしいです。

ヴィーガン・レストランで夕食次は変わったものが出てきました。
これ、何だと思いますか?。
実は、ライスペーパーと、それを戻すためのお湯が入った器なんです。
なんだかこれ、便利!!。一石二鳥じゃないですか!!。

ヴィーガン・レストランで夕食こちらのプレートに山盛りなものを、お湯に戻したライスペーパーに包んで、ソースをつけていただきます。
料理の名前は、「Ocean of love」海への恋ですって!!。素敵な名前です。
黒い物体は、実は魚もどきなんですよ。
とてもおいしくいただきました。

ヴィーガン・レストランで夕食こんな真っ黒なものが出てくると、びっくりしますよね。(笑)
実かこれ、焼き海苔で魚もどきの中身を包んで揚げたものです。
中々リアルでおいしくできていましたよ~~。
これとプレートの野菜をライスペーパーに包んでいただきます。
さすがアメリカ、このプレートで一人前なんです!!。とてもびっくり!!。すごい大盛りですからね。

ヴィーガン・レストランで夕食魚もどきの中身がこちら、アメリカ名物の硬い豆腐を脱水し、ほぐしたものと、おそらくは湯葉のようなものが入り混じる、魚っぽい食感の食べ物です。
これ、真似して作ってみたいです。
もちろんもう少し小さく作りますけどね、わたくし。(笑)

ヴィーガン・レストランで夕食「House Special Rice Clay Pot」と言う料理です。
スペシャルな土鍋・・・春雨が一番上にたくさん入っています。
玉ねぎやショウガ、香ばしいスパイスも入っていて、一番下にご飯が入っています。
中華風の鍋物ですね。しかしこれで一人前ですよ。超大盛!!。さすがアメリカサイズ!!。(笑)

ヴィーガン・レストランで夕食こちらは「Fireworks」と言う名前の料理です。
素材は先程の真っ黒な魚もどきと同じものを、切り分けて、タイ風の甘辛酸っぱいトマト味に仕立てたものです。
これもアジアの味、おいしいです。
しかしどれも盛りが多いですよね。
しのぶさんの息子さんと私たち全部で4人も居たので、完食できました。
特に食べ盛りの息子さんは、さらに白ご飯も食べちゃっていましたからね。

ヴィーガン・レストランで夕食最後にプリンも注文。
翌々日は私のヴィーガン仕様のプリンも教室で取り上げるので、このお店のヴィーガンプリンも味わってみたかったですから。(笑)
しかし、なんだか「プッチンプリン」みたいな感じでしたよ~~。
実は写真を撮り忘れたけれど、この他にも「ヴィーガン・ストロベリーチーズケーキ」を頼んじゃいました。
もうお腹いっぱいではちきれそうです。

関連記事