2020-12-07

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)

2020年12月に開業25周年を迎える「タンボ・ロッジ」。(創業1995年12月20日)
それを記念して、東京の高田馬場にあるヴィーガン対応が可能な美味しいイタリアンレストラン「カーポラヴォーロ」さんで、記念の食事会を2020年12月2日(水)にしました。
タンボ・ロッジの常連さんを皆呼ぶと、すごい人数になってしまうので、実はこの食事会、2回に分けて、この日と次の木曜日(12月10日)に分けて開催します。
それにしても25年。長いような短いような・・・・。
沢山のお客様に支えられて現在があると思うと、感無量です。
タンボ・ロッジに泊まりに来られたすべてのお客様に感謝です。ありがとうございます。

画像はクリックすると拡大します

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)では乾杯です!!。🥂🍻
こちらは栃木県グループのテーブル。比較的タンボ・ロッジに近いところのお客様たちです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)そしてこちらが東京方面のテーブル。遠くからいつもいらしてくださって、うれしいです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)さてさて、今回もヴィーガン仕様の料理ばかりでお願いしましたが、前回の20周年の時のような「大皿料理」をみんなで取り分けるということは、新型コロナウィルスの影響もあって取りやめて、個別に出していただくことにしました。
最初のアミューズは、このお店得意の自然農法野菜の盛り合わせです。
ひよこ豆ピューレとマスタードのソースにつけて、自然農法野菜のおいしさを堪能できるプレートです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)大麦と冬瓜のスープです。
山東菜とショウガが入り、紫のものはシャドークイーンというジャガイモのチップスです。
粘り気のある、トロっとした口当たりのおいしいスープです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)じゃ~~ん、前菜の花、「自然の恵み盛り合せ」です。
これがすべてヴィーガン仕様でできているとは、にわかに信じられません。
すべてにおいしくて、もう一皿食べられてしまいそうです。(笑)内容は、次の写真を見てね。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)「自然の恵みも盛り合せ」の内容は、こうして一人一人に渡されました。
いったいどれだけの野菜の種類を使ったのだろうか??これはすごいです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)自家製フォカッチャ登場です。右がプレーン、左のオレンジ色のものがトマトフォカッチャです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)ここからがメインディッシュです。
これは「レモンリゾット」、中のご飯がちょうどよい加減のアルデンテなのにびっくりです。
だって人数多いから、出している間に柔らかくなりすぎちゃうでしょ、普通は。しかしこれはちょうどよいです。
他の方に聞いたけれど、やはり皆様同じ感想でした。
トッピングはヒノナカブ、赤かぶとほうれん草です。
しかしレモン味のリゾット、かなりインパクトのあるおいしさでした。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)そして第2のメインディッシュがこちら、イタリアのトスカーナ地方の冬の定番料理「リボリータ」をヴィーガン仕様にしたものです。
白いんげん豆やキャベツなどのいろいろ野菜が入っています。
この料理は、「2度煮込む」という意味の名前だそうで、本来は余った野菜や豆、パンなどをもう一度煮込んだ料理だそうです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)さてさて、記念日のヴィーガン・スイーツ登場です。
しかし・・・あれぇ~~??、「30周年」になっていますよ。(笑)
本当は25周年なんですけれど・・・・・・いやぁ~~、鳥海シェフ、間違えちゃいましたね~~。
しかし、これは30周年もやれ・・・ということなんですよ、きっと。
これはおいしそうなバナナケーキ。しかも天然酵母で発酵させて作ったものだそうです。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)30周年(笑)のスイーツを前に、この日集まった全員&鳥海シェフで記念写真を撮りましょうね。
こんなにお祝いしていただいて、もう本当に感動です。ありがとうございます。

タンボ・ロッジ開業25周年食事会(1)切り分けてもらった「バナナケーキ」です。
真ん中のクリームは、カシューナッツから作られていて、お砂糖は不使用ですって!!。
とってもおいしいスイーツでした。
そしてそれぞれにドリンクもついています。
こうして第1回目の「タンボ・ロッジ25周年食事会」が終わりました。
参加してくださった皆様、本当にありがとうございます。

関連記事