2018-10-05

ペルー風マッシュポテトの詰め物

タンボ・ロッジの料理の紹介、第1号はこの美しい、まるでスイーツのような前菜です。

これはペルーでとってもポピュラーな前菜で、「Causa rellena」という名前が付いています。
直訳すると、「マッシュポテトの詰め物」。
でもマッシュポテトにも味が付けられていて、それがとってもおいしいんです。
ニンニク、オリーブオイル、レモン果汁と塩の味付けですが、とてもマッシュポテトの滑らかさによく合います。
色がとても綺麗なのは、2種類の綺麗な色のジャガイモを使っているから。
下から「シャドークイーン」というジャガイモのマッシュ、真ん中が「ひよこ豆のみじん切りに豆腐ベースのマヨネーズをあえたもの」。そして上のピンク色は、「ノーザンルビー」という綺麗なピンク色のジャガイモを使っています。
真ん中の「詰め物」部分は、自然農法のひよこ豆を茹でたものに、豆腐ベースのベジ・マヨネーズを和えたものです。「ツナ」を使うことが多いペルーの前菜を、こうやってベジ化しています。

ペルー風マッシュポテトの詰め物クリックして拡大

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です