2019-04-21

Café Cuore Del Solで夜ランチ

昨日は栃木県足利市の山に登った帰り道、温泉にも入り、そして夕食は、那須にある大好きな菜食イタリアンレストラン「Café Cuore Del Sol」さんで、「夜ランチ」をいただきました。
「夜ランチ」とは聞きなれない言葉ですね。
このレストラン独特の言い回しだと思いますが、要するに、フルコースのディナーではなく、お昼のランチと同じ構成のメニューの夕食を意味する言葉らしいです。(笑)
本当は山に登った後で、運動量も多いし、エネルギーもいつも以上に使うので、がっつりとフルコースを食べたいところなのですが、フルコースの予約は3日以上前からでないと駄目だそうです。
しかし、山に登るには天気が一番心配ですので、私たちが行く決心をするのは前の日の午前中頃です。
そこで、前日の午前中の予約で食べられる「夜ランチ」となるわけです。(#^.^#)

Café Cuore Del Solで夜ランチわぉ~~、おいしそうな前菜のプレート!!。
中心に置かれているものは、「古代小麦粒のベジグラタン」で、一番後ろのがサラダ、そして時計回りに「薩摩芋のカルピオーネ」、「ベジキッシュ」、「温野菜」、「切り干し大根とキヌアのマリネ」、「ヴィーガン・チーズ」です。
どれもおいしいです!!。
切り干し大根とキヌア、組み合わせが面白いです。
キヌアはアンデス原産だから、うちでも真似しちゃおうかな!!。(笑)

Café Cuore Del Solで夜ランチ前菜プレートを真上から見たところです。美しく並んでいますね。

Café Cuore Del Solで夜ランチこの日のスープは「菊芋と人参のポタージュ」です。
黄色い花が浮かんでいるのがかわいい!!。
ベジなのに濃厚な味わいのスープです。

Café Cuore Del Solで夜ランチいつもの様にうれしそうな支配人の図。(笑)
山登りの後だもんね、超腹ペコなので、いつもよりうれしさアップのような感じがしちゃいます。

Café Cuore Del Solで夜ランチ支配人の選んだ古代小麦のパスタは、「新物アオサのクリークパスタ」。
まるでとんがり帽子の様な盛り付けだけれど、平麺を使っています。
濃厚なクリームの味わいと、青さの香りが心地よいパスタでしたよ。(一口もらいました)

Café Cuore Del Solで夜ランチお腹すいているから、一心に食べる支配人の図。(笑)

Café Cuore Del Solで夜ランチ私は、「のらぼう菜とペカンナッツのあっさり塩ソースのパスタ」を選びました。
こちらは少しピリッと辛く、しかし味わいはあっさりしていました。
ダイズミートも入っていて、ベジを感じさせないパスタです。
もちろん「大盛り」で頼みました。(笑)これも古代小麦パスタです。

Café Cuore Del Solで夜ランチ最後のスイーツがこれまた豪華!!。
ヴィーガン・カスタードプリンと苺のアイスクリーム(後ろに見えます)、そしてフルーツ盛り合わせです。
カスタードプリンは実はタンボ・ロッジ開発のレシピのものです。
卵使わないでここまでリアルにできるのが、「うっそ~~!!」と言われるレシピです。
とても満足感のある夜ランチでした。
後はタンボ・ロッジへ帰って寝るだけです。
うれしいなぁ~~。
そしてご馳走様でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です