2018-11-04

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げ

昨日から今日にかけては、タンボ・ロッジの行事の「自家製分で焼く米粉のパン教室、土日開催」の日でした。
今回も平日クラスと同様に、タンボ・ロッジの第三期米粉のスイーツ教室(4回シリーズ)の持ち上がりで開催しました。
ただ、昨年のタンボ・ロッジの米粉のパン教室に参加されたスイーツ教室の参加者が数名いて、内容が同じだからその方たちは欠席されたので、少し空席ができたので、その部分を一般に募集しました。
さて、自分で製粉した米粉を使ってのパン教室、スタートです。

画像はすべてクリックすると拡大します。

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げVサインなんかしちゃって余裕の私ですが‥‥実は結構緊張しています。
というのも最初にやるのが米粉の1.5斤パン。
これが結構繊細なレシピなんです。
生地の温度をかなりリアルに調節しないといけないし、焼き始めるタイミングを誤ると、失敗してしまうからです。
でも今回も頑張りましたからね、ちゃんとよく焼けました。

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げ私は1.5斤パンと鍋で焼くフォカッチャを担当し、その後は支配人の番です。
支配人は「ひよこ豆粉入り米粉パン」を担当します。
これが私の担当のものよりも、すごく簡単なんです。(笑)
だからこの余裕!!。

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げ私の担当の1.5斤パンとフォカッチャが焼き上がりました。うまくできて一安心!!。(笑)

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げ支配人のパンも焼き上がりました。熱々を型から取り出します。

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げ夕食は前回の平日クラスと同じ内容ですので、写真が撮りませんでした。(笑)
しかし、食後のスイーツが豪華です。
というのも、参加された方が、初級、中級で習ったスイーツをこの日のために作って持参してくださったからです。
山栗のモンブランはレギュラーで私が作りましたが、他のシフォンとブラウニーは持ってきてくださったスイーツです。
3種類あると豪華ですね。
しかしシフォンがちょっと失敗作になって、下の方がういろうのようになってしまいました。
でもその原因、私が把握していたので、それをお伝えしました。
参考にされて、再挑戦していただけると嬉しいです。

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げそして翌日、平日クラスと同じように、玄米と野菜のお店「松おか」さんへ移動し、打ち上げです。
この土日クラスのメンバーで集まるのは今日が最後ですからね。
なんだか名残惜しいけれど、打ち上げの食事がスペシャルなので、うれしいです。
タンボ・ロッジの庭で実った「山栗」の炊き込みご飯が目立ちます。
沢山山栗が使われていて、本当に手間がかかっていますから。
小さい山栗を手で一つ一つ剥かなくてはできない労作です。
その他のおかずもとても手が込んでいておいしいです。

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げこちらは秋の味覚、キノコ汁です。
でも前回よりもキノコの種類が増えて、6種類も入れてあるそうです。
めちゃくちゃ濃厚な旨味に一同大満足でした。

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げみんなで記念写真を撮りましょうね。(私は撮る人だから、写っていません)
なんだか4月から、楽しい講座でしたから、名残惜しいです。
参加された皆様、本当にありがとうございます。

 

自家製粉米粉で焼く米粉のパン教室(土日開催)&打ち上げ最後のデザートは、ココアプリン、餡子乗せです。
大きい栗の赤ワイン煮もトッピングに乗っています。
これ、とてもおいしい!!
おかわりしたい。(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です