2018-11-29

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉

2018年11月29日(木)、この日は盛りだくさんの一日です。
朝早起きしてコンドルを見て、その足で「ミニ火山」を見に行った私たち。
次はMayobamba(マヨバンバ)の集落(標高3195m)に降りてきて、川を挟んで村の対岸にある素朴な温泉「Baños termales de Qollpa(コジュパ温泉)」へと向かいます。
コンドルに火山に温泉、なんだか夢のような地区ですね、このMayobambaは。
ただ超秘境なので、とても行くのが大変ですが・・・・。

画像はクリックすると拡大します

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉Mayobambaの中心の広場「Praza de armas」の真ん中に立つ像は、もちろんコンドルです。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉村の広場に面した小さい教会の前に車を止めて、ここから温泉まで歩きます。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉川の対岸に渡る吊り橋が見えてきました。
もちろん歩行者専用、この細さでは車は渡れません。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉吊り橋を渡る支配人と運転手兼ガイドさん。彼は実はこの村の出身の方で、今もこの村在住のようですよ。
根っからのジモッチーなんですね。
だから詳しいはずだ。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉水が豊かに流れる川を渡ります。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉温泉到着です。
この温泉は「個室タイプ」です。
ペルーにはおおよそ2タイプの温泉があります。
湯量が豊富なところは、此処の温泉のように、個室が並んでいて、一組入り終わったらお湯を抜き、掃除してから栓をして再びお湯を溜め、次の人が入ります。
もう一つのタイプは、「プールタイプ」で、要するに温水プールに水着を着て、男女一緒に入るタイプです。
両方の併用の温泉もあります。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉個室に入り、栓をしてお湯が溜まるのを待ちます。
浴槽が大きいため、ちょっと時間がかかりそう!!

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉待つことおおよそ20分、だいぶお湯が溜まりました。
これならゆったりと浸かれますね。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉だいぶ溜まって来たので、そろそろ入りましょうか。
温度は日本人にはちょうど良い湯加減です。
たぶん42℃位だと思われます。
やや長湯ができる温度ですよ。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉えへっへっへ、天国天国、とても気持ちが良いです。はぁ~~!!
ペルーでは通常体を洗うのは「シャワー」ですから、こうして肩までお湯に浸かれる所は、温泉しかありませんからね。
アンデスの秘境の温泉は、まさしく「秘湯」と呼ぶに相応しいです。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉あ~~、気持ちよかった、と支配人。
そりゃあそうですよね。
つくづく日本人だなぁと実感する瞬間です。(笑)

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉温泉の建物を少し上から見下ろしてみました。
川を挟んだ向かい側がMayobambaの村です。

アンデスの秘湯(14)Qollpa温泉さて、吊り橋を渡り、細い路地を通り、村の中心の広場に戻りましょう。
素朴な奥地の温泉を堪能させていただきました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です