2019-08-25

Macedonia de verduras(野菜のマケドニア)

Macedonia de verduras(野菜のマケドニア)と言う名前の料理がペルーにあります。
フルーツの盛り合わせは日本でも最近「マチェドニア」と呼ばれる色々なフルーツ盛りがありますよね。
「マチェドニア」はイタリア式発音で、バルカン半島の地域の「マケドニア」のことを言います。
マケドニアは政治的背景から多民族地域で、色々なフルーツを盛り合わせたイタリアのドルチェを、沢山の民族が一つの地域に住んでいる様子に見立ててそう呼んだことが始まりだそうです。
ところがペルーでは、色々な野菜を盛り合わせるサラダにも、それと同じ名前のものがあります。
それを昨日作ってみました。
このサラダは、ビーツ、枝豆、ズッキーニ、じゃが芋、玉ねぎ、人参などをヴィーガン仕様のマヨネーズで和え、寒天で固めたものです。
とても綺麗で夏向きですね。

Macedonia de verduras(野菜のマケドニア)画像はクリックすると拡大します

関連記事

コメント4件

  • アバター 高橋りかこ より:

    色鮮やかですが寒天で固める必要があるんでしょうか?ちょっと不思議に思いました。

  • 料理長 料理長 より:

    固めるのは、見てくれをよくするためと、本来はもっと大きいものを作って個別に切り分けるからなんです。
    ペルーでは大家族で食卓を共にしますので、切り分ける方が簡単だからだと思います。

  • アバター 高橋りかこ より:

    なるほど、そうだったんですね。固めた方が食べやすく見たくれも確かに良いですね。ビーツの鮮やかな色を生かしたサラダです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です