2019-10-23

秋深まる尾瀬沼を歩く

今日は久しぶりに天気が良い日。☀
今まで台風やら何やらで、とにかく雨が多い秋でしたから、快晴の日を待ちわびていた私たち。
そこで、今日はタンボ・ロッジから近くてとても紅葉が美しい「尾瀬沼」を一周するべく、出かけてみました。
本当は、「田代山」へ登りたかったけれど、先の台風の豪雨により、アクセスする林道が崩れて通行止めなので、尾瀬になったと言う訳です。

画像はクリックすると拡大します

秋深まる尾瀬沼を歩くタンボ・ロッジからマイカーが入れる「御池」まで、約1時間です。
そこからシャトルバスに乗り換えて、「沼山峠」を目指します。
その沼山峠の手前で、ブナの原生林が一面に広がる絶景をバスは通ります。
親切にバスは一時停止をして、ブナの原生林の広がる「ブナ平」を眺めることが出来ました。
めちゃくちゃ紅葉が綺麗で、絶句!!。良い時に来たなぁ~~、と、うれしくなりました。

秋深まる尾瀬沼を歩く沼山峠から登り始めます。木漏れ日がさして、整備された登山道は気持ちが良く、最高のリフレッシュになりました。

秋深まる尾瀬沼を歩く途中にこんなにオレンジ色に染まった紅葉がありました。

秋深まる尾瀬沼を歩く尾瀬沼の大江湿原まで降りてくると、辺りは一面草紅葉!!。
花はもう咲いていないけれど、草が枯れて、それが一面に広がり、光を浴びて美しく輝いて見えますね。

秋深まる尾瀬沼を歩く尾瀬沼の岸辺までやってきました。尾瀬沼のシンボルの「三本唐松」も、黄色く色付いて、深まる秋を感じさせます。
向かいの山はもう葉っぱもみんな落ちちゃっていますから。

秋深まる尾瀬沼を歩く木道に落ちる枯葉たち。

秋深まる尾瀬沼を歩く実は尾瀬沼一周をもくろんでいたのですが、先の台風により、南岸の道が倒木等により、通行止めとなってしまっています。
そこで仕方なく、沼を半周して、沼尻から折り返すことにしました。
沼尻までの途中に通るの湿原も、草紅葉でもう最高に美しい!!。

秋深まる尾瀬沼を歩く沼尻に到着!!。時間は11時半です。
早起きしたから、お腹ペコペコ、そこでいつもの様に「ベジラーメン」タイムです。(笑)
毎度かわりばえしないベジラーメンなんですが、実はちゃんと中身の具を毎回変えているんですよ。
今日はね、ニラとコーフーと海苔の味噌ラーメンです。おいしそう!!(おいしかったです)爆。

秋深まる尾瀬沼を歩くではさっそく尾瀬沼をバックにいつものポーズ、「いただきま~~す。」・・・うれしそうな支配人の図。(笑)

秋深まる尾瀬沼を歩くランチのベジラーメンも食べ終わり、少し南側の岸が歩けるようなので、「小沼湿原」まで歩いてみました。
やはりただ往復だと芸がないしねぇ。なんか物足りないですから。
この湿原からは、東北最高峰の「燧ケ岳」がとても良く見えるので、ほんの少しですが、沼尻から足を延ばしたんです。

秋深まる尾瀬沼を歩くさて、元来た道を折り返し、帰途につきます。
次第に日が傾き、影が長くなっていきました。秋の日はつるべ落としですからね。
私のカメラを構える影がしっかりと映り込んでいますから。

秋深まる尾瀬沼を歩くシャトルバスに乗り、御池まで戻り、マイカーでタンボ・ロッジへと帰ります。
途中、「モーカケの滝」と言う滝があり、紅葉真っ盛りの中なので、立ち寄りました。
美しい糸状に落ちてい行くモーカケの滝。

秋深まる尾瀬沼を歩く滝の周囲は紅葉がめちゃ綺麗です。

秋深まる尾瀬沼を歩くモーカケの滝の展望台から見た、向かいの山の紅葉は、この世のものとは思えぬほどに美しい!!。

秋深まる尾瀬沼を歩く最高の紅葉の時に来られて、とてもラッキーでした。地元に住んでいる強みです。(笑)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です