2019-01-21

アマゾン料理のお店「Ama Z」

2018年11月17日(土)、ペルーの首都Limaに着いて2日目です。
この日も疲れを取るためと、標高の高い山岳地帯に行くためのバスのチケットを買ったりするために、Limaに滞在しました。
なんだかんだ言って、サンフランシスコからの疲れを引きずってしまったなぁ~~。(笑)
ということで、この日はLimaの新市街、「Mira frores」地区にある、アマゾン料理のレストラン「Ama z」へランチを食べに行きました。
このレストランはなんと!!、「ラテンアメリカベストレストラン50」というランキングで、2018年には48位を獲得したレストランです。
私たちはこのレストランへ行くのは、2016年以来2度目です。
というのも、高級系のレストランですが、ベジタリアンのコースがあるからです。

画像はすべてクリックすると拡大します。

アマゾン料理のお店「Ama z」最初はアマゾンのドリンクから。
左は「Araza」というアマゾンのフルーツと、アマゾンの蜂蜜と、「Konbucha」のドリンクです。
「Konbucha」というのは、昆布茶と間違えそうなんですが、違います。(炭酸入り)
一昔前に日本でもはやった「紅茶キノコ」のことです。
酸味もあり、とてもおいしいノンアルコールカクテルですよ。
そして右のは、「Cocona」というヤシの実と日本でも知られてきたアマゾンのとても酸っぱいフルーツの「カムカム」、それにレモングラスを入れたノンアルコールカクテルです。

アマゾン料理のお店「Ama z」こちらはアマゾンのホットペッパーソースたち。
唐辛子は原産地が3つあり、メキシコ、アンデス、そしてアマゾンなんですが、それぞれに独自の進化をしているので、ペルーには非常にたくさんの種類の唐辛子が存在しているんです。
しかしどれも辛いです。(当たり前ですが)

アマゾン料理のお店「Ama z」こちらはメニューの最初のいわば「付け出し」的な料理です。
アマゾン原産のキャッサバ芋を練り込んだ生地のパイ。
少し辛いパクチーの緑のソースが付いています。

アマゾン料理のお店「Ama z」パイの中身です。
パイは少し粘りがある感じで、でもカリッとしています。

アマゾン料理のお店「Ama z」最初の料理はこちら、「Ceviche naturar」。
「セビッチェ」はアンデス諸国には必ずあるメニューの一つですが、国や地域によって味がかなり違います。
こちらはベジ仕様なので、通常魚を使うところを、全てアマゾンで採れる野菜で作っています。
アマゾンのキュウリとココナというヤシの実やパルミットというヤシの芯(ホワイトアスパラみたいな味と食感です)アマゾンのトマトと玉ねぎなどを使っています。
パラパラとかかっている白い粉は癖のあるチーズです。

アマゾン料理のお店「Ama z」「Revolcón amazónico」というサラダです。
直訳すると、「アマゾンのうねり」という意味ですが、やはりいろいろなアマゾン野菜の入ったサラダです。
パルミット(ヤシの芯)、アボカド、トマトなどと、先ほど出てきた「ココナ」というヤシの実で作ったアマヨネーズで味付けられています。
上の緑の葉は「パクチーです」

アマゾン料理のお店「Ama z」こちらはキャッサバ芋とトウモロコシをすりつぶしたもので作った饅頭のようなもの。
中が結構クリーミーでおいしいです。

アマゾン料理のお店「Ama z」こちらは温野菜とココナッツのドレッシングの様なソースが敷かれた料理です。
ピーマンとキャッサバ芋(ペルーではYucaと言います)のフライも入り、甘酸っぱいこってり系の味です。

アマゾン料理のお店「Ama z」次はいよいよメインディッシュです。
これは「アマゾンチャーハン」。
アマゾンで良く採れる「うこん」を使った黄色いチャーハンで、アマゾンのナッツが入っています。
これに次に出てくるふりかけをかけて食べるととてもおいしいです。

アマゾン料理のお店「Ama z」揚げバナナが入ったアマゾンのふりかけです。
キャッサバ芋の粉をローストして作ります。
これ、癖になる味ですよ。

アマゾン料理のお店「Ama z」最後に出てきたのは、一風変わったメインディッシュのおかずになるような料理です。
大きなアマゾンで採れる植物の葉に包まれて、オーブンで焼いてあります。
この葉っぱ「Bejao」(ベハオ)と呼ばれているものだそうで、火にかけると油がにじみ出てくるので、油を入れずに料理ができるんだそうです。
アマゾンの魔法のような葉っぱです。
そして最近「スーパーフード」として注目を浴び始めた、「macambo」というカカオのような豆が入っています。

アマゾン料理のお店「Ama z」たくさんの料理に囲まれて、うれしそうな支配人。
だっておいしいんだもんねぇ。(笑)
あすからは過酷な標高の高い所の旅ですから、この日ばかりはアマゾンのベジタリアン料理を楽しみたいですからね。
だってこんなアマゾン料理は、ペルーでしか食べられませんからね。

アマゾン料理のお店「Ama z」大きなベハオの葉の中に、出てきましたスーパーフードのmacambo。
これはカカオの一種だそうですが、実が黄金色の殻に包まれているそうです。
カカオは世界中に広がりましたが、このmacamboは、最近までひっそりとアマゾンの密林の中で、先住民の暮らしを支えてきた木の実なのです。

アマゾン料理のお店「Ama z」ここからはデザートです。
アマゾンフルーツのシャーベットと3種盛り合わせ。
左から「グアバ」、ピンク色の真ん中が「カムカム」、右が「Arazaアラサ」です。
「Araza」はアマゾンのフルーツで、エキゾチックで爽やかな味、最近注目されつつある、「フトモモ科」の植物です。
見た目沖縄のシークワーサーに似ています。
もう本当にトロピカルの味にノックアウトです。(笑)

アマゾン料理のお店「Ama z」そして最後はこちら、「Açai bow」です。
アサイーも最近注目されているスーパーフードですね。
アマゾンで採れるヤシ科の植物の実で、とても栄養価が高く、ハワイで人気の朝食だとか。
アサイーはホイップのような直立したクリームがそれです。
酸味があり、メレンゲ風にふわふわになっています。
下のものは、ライスプディングなのですが、ミルクではなく、ココナッツミルクとコンデンスミルクを使っています。
黄色い丸いのは、この時期ペルーで旬の「マンゴー」のアイスクリームです。

とっても満足に頂きました。
ペルーに来たら、他では食べられないこんなアマゾンべジ料理も良いですね。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です