宿のスイーツ

 タンボ・ロッジのディナーの最後を飾るスイーツは、バター、牛乳、砂糖、卵は使いません。つまりマクロビオティック&ベジタリアン仕様のスイーツです。もちろんベーキングパウダーや重曹などの添加物も使わずに、ふわふわのスポンジを作っています。
 スイーツの甘味には、素材本来の甘味のほかに、自然農法原料から手作りした「自家製米飴」、「自家製甘酒」(麹から作る)等を使います。この2つは液体のため、どうしても液体が使えないスイーツには、純度の高い「羅漢果糖」またはオーガニックの黒砂糖&有機メープルシュガーを使うことがあります。
 その他に、タンボ・ロッジのスイーツの特徴として、米粉を使い、ウィート(小麦)フリーで作ったものが大半を占めています。季節のスイーツをディナーの後に楽しんでいただけたら幸いです。

なお、このページはタンボ・ロッジの四季折々のスイーツをブログ形式で紹介していきます。見て下さね。