2020-03-13

「松おか」で恵方巻を食べる会

2020年3月11日(水)は、楽しみにしていた食事会の日です。題して「松おか」で恵方巻を食べる会!!
恵方巻には日にちが合いませんが、そんなことにはお構いなしです。(笑)
要するに、おいしいものを食べられれば幸せですからね。(^.^)/~~~
しかし今回の恵方巻は、ちょっと普通のとは違います。
それはね、ヴィーガン仕様で、しかもお寿司ではなく、韓国式の「キムパッ」なのです。
近頃韓国料理が得意になった松岡さんならではですね。

画像はクリックすると拡大します

「松おか」で恵方巻を食べる会最初は「ウェルカムドリンク」として、韓国のお茶「五味子茶」が登場です。
初めから韓国風。
しかし、甘さはつけていないので、酸っぱいです。(笑)

「松おか」で恵方巻を食べる会料理の最初は、「白菜のスープ」です。しかも緑色がかなり濃い!!。
この白菜の名前を聞いたけれど、忘れてしまいました。ぽりぽり(笑)
しかし、通常の白菜とは違う品種のものだそうです。
コクがあって、濃厚な味が楽しめます。
菜の花も浮いていて、春が近いことを感じさせますね。

「松おか」で恵方巻を食べる会ホワイトボードのメニュには、「前菜」としか書いていませんでしたから、こんなにたくさんの種類が出てくるとは思ってもいませんでした。(笑)
めちゃうれしいです。
もうウドが使われている!!。

「松おか」で恵方巻を食べる会さあ、皆で「いただきます」。これだけずらっといると壮観です。

「松おか」で恵方巻を食べる会前菜の中に、長ネギの揚げ物がありましたが、これはただ長ネギを揚げただけではありません。
なんと!!春巻きの皮を巻いて、揚げたものです。
ネギがトロット融けそうな感じで、しかし皮がパリッとしていて、とても良いお味です。

「松おか」で恵方巻を食べる会「揚げ饅頭の餡かけ」です。
揚げ饅頭といっても、蓮根を摩り下ろした饅頭です。(甘い饅頭ではありませんよ~~)
セリもトッピングされていて、もうこちらもは早春の味です。

「松おか」で恵方巻を食べる会スープかと思いきや、「トッポギ」です。
しかも、マイルドな日本人好みの辛さに仕上がっています。それにしても具が多いですね。得した気分!!。
おいしいので、おかわりをしてしまいました。(笑)

「松おか」で恵方巻を食べる会じゃ~~ん、いよいよ韓国式キムパッの「恵方巻」が登場です。それにしてもかなり太いですよ、これ。
今までたくさんの前菜で、かなりお腹いっぱいなんですが・・・・。
でも一番のメインですからね、これ。

「松おか」で恵方巻を食べる会うらわBIOの高橋さんが大口開いて一気に食べています。(笑)

「松おか」で恵方巻を食べる会支配人も負けずに食べないとね。(笑)しかし太すぎて、結構苦労している様子!!。顎の関節外さないでねぇ~~。( ^)o(^ )

「松おか」で恵方巻を食べる会「恵方巻」だから、皆今年の「恵方」を向いて食べました。
なんだか同じ方を向いて食べるの、写真で見るとおかしいなぁ~~。( ^)o(^ )
厨房から見ていた松岡さん、池の鯉が餌を前にパクパク口を開けているように見えちゃったそうですよ。
本当にそんな感じですねぇ。(笑)

「松おか」で恵方巻を食べる会支配人は食べるの下手くそです。こんなにバラバラにしてしまいました。(笑)

「松おか」で恵方巻を食べる会こちらはスタッフ用に切り分けたものだそうです。
ずたずたにしてしまうなら、支配人さんもこういう風にしてもらえばよかったですねぇ。( ^)o(^ )
それにしてもこうしてみると、中の具がめちゃ多いことに驚きました。
松岡さん巻くの上手!!。

「松おか」で恵方巻を食べる会お腹いっぱいだけれど、最後のデザートはもちろん別腹です。
豆乳甘酒のプリンと、ヨモギ団子です。
プリンの上のソースは、「金柑を使った黄金色のソース」で、これがまたおいしい!!。
あ~~、めちゃくちゃお腹いっぱい!!。
しかしこの後は、気心知れたメンバーなので、話も盛り上がり、楽しいひと時となりました。
松岡さん、とても丁寧に、そして太っ腹にたくさん作ってくださって、ありがとうございます。
またこんな集まりやりたいなぁ~~。(笑)

関連記事