2019-12-27

松おかでミニ忘年会

昨日は「野菜と玄米のお店 松おか」で、ミニ忘年会の日でした。
実はこの忘年会、私たちが2週間サンフランシスコへ行く前に、決めたものなんです。
タンボ・ロッジによく泊まりに来てくださるMさんご夫妻と、那須塩原にあるマクロビオティック・イタリアンのお店「Café Cuore Del Sol」の滝口さんご夫妻と私たちの6人の参加者だけなので、まさに「ミニ」の忘年会でした。
しかし、松岡さん張り切ってご馳走を作ってくださって、もうお腹いっぱいだし、忘年会の名に恥じない素晴らしい時を過ごすことが出来ました。

画像はクリックすると拡大します

松おかでミニ忘年会こちらが本日のお品書きです。
しかし、書き足してあるものがありますね。後から足すなんて、素晴らしい!!。
さて、めちゃくちゃ楽しみです。(^^♬♪♬~♫!

松おかでミニ忘年会最初は「食前酒」と書いてありますが、お酒ではありません。「ニンジンジュース」です。(笑)
新鮮な人参とレモンとリンゴのジュースで、とてもおいしいです。

松おかでミニ忘年会前菜のプレートですが、お品書きにある「ゴボウのスペアリブ風」と言うもので、その他は書いてないものばかりですよ~~。
ゴボウを骨に見立てたスペアリブ、骨まで食べられておいしい!!。(笑)
焼きネギやニンジンのグラッセもかなりおいしいし、サラダのドレッシングもおいしくて、うれしいです。

松おかでミニ忘年会前菜2つ目は、「栗、なつめ、銀杏、胡桃炒め」です。
これは韓国風の味付けで、その他にほくほくカボチャも入っています。
いつの間にか松岡さん、韓国の料理をたくさん学んでいますからね。

松おかでミニ忘年会こちらも韓国料理、温かい「チャプチェ」です。
韓国でも、普通チャプチェは温かくないものが多いです。
しかし、2017年の11月に、松岡さんと私たちが旅した韓国のソウルのレストラン「コン豆」で食べた温かい「チャプチェ」が衝撃的においしかったので、それを真似しているそうです。
だから、熱々のチャプチェがオーブンペーパーに包まれているんです。

松おかでミニ忘年会じゃ~~ん、中身はこんな感じです。
チャプチェの麺も、韓国でオーガニックのものを仕入れてくるこだわりようの松岡さん。
仕入れと言うか、爆買いなんですけどね。(笑)
だから本当に本場の味です。

松おかでミニ忘年会そしてこれは・・・「水キムチ」です。ここでも韓国料理!!。(笑)
実は私がリクエストしたものなんですよ。それは何かというと・・・・韓国式冷やし蕎麦です。

松おかでミニ忘年会お蕎麦は松岡さんの近くの無農薬&天日干しで作っているこだわりのお蕎麦屋さんから仕入れてきたものだそうです。
オーガニックの蕎麦、なかなか手に入らない貴重なものですからね。

松おかでミニ忘年会そのお蕎麦に、水キムチと自家製コチュジャンを乗せて、韓国式蕎麦の出来上がりです。
これに海苔とゴマとナムルが乗っていたらもうまるで韓国の味です。

松おかでミニ忘年会皆でワイワイ食べるのはめちゃくちゃ楽しい(^^♬♪♬~♫!!!。
忘年会ですからね、間もなくやって来る新年の為にも、楽しく食べましょう。
私は運転して帰らないといけないから、お酒を飲めないのがとても悔やまれます。(笑)

松おかでミニ忘年会こちらは「栗と古代小麦のニョッキ」です。
栗を練り込んだニョッキ!!。しかも山栗を使ったために、少し甘さがあって、とてもおいしい!!。
タンボ・ロッジでは山栗はモンブラン一辺倒の使い方しかしていませんからね。ちょっと反省!!。

松おかでミニ忘年会豆乳のクリームコロッケです。
クリーム状のものをこうやって形良く揚げるのって、かなり難しいです。
しかも巨大!!。
まだ前菜の部分ですよ、これ。
しかしおいしいので、ペロッと食べてしまう忘年会の参加者たち。(笑)

松おかでミニ忘年会こちら、メニューに書いていない「赤カブのスープ」ですよ~~。
後からお品書きに書き足して増えているにもかかわらず、さらに増えているなんてびっくり仰天!!

松おかでミニ忘年会そしてメインディッシュは、今年の10月の終わりに松岡さんが出かけた、韓国の釜山の旅行の際に食べたという、焼きおむすびの餡掛けですって!!。
この写真のものは、キノコが種類が多く、天然ものばかりなので、韓国で食べたものより味わいが深いそうですよ!!。
素晴らしい!!。

松おかでミニ忘年会自家製のお漬物も分厚くて大きいじゃありませんか!!もうこの時点でお腹いっぱいの私!!

松おかでミニ忘年会じゃ~~ん、デザートは紫芋のアイスクリームのパフェです。すごい太っ腹!!。
さらにトッピングが「薩摩芋のモンブラン」です。
すごく頑張って作ったパフェ、松おかで初めて食べました。

松おかでミニ忘年会さらに・・・米粉のシュトレンと柚子のお菓子まで・・・・
米粉のシュトレンは、タンボ・ロッジレシピだけれど、使った米粉が細かい物だったので、かなりしっとりとできていました。
こんな食感のものもおいしいですね。
そして柚子の皮で出来た器の下は、甘酒が入っています。
上は柚子のピューレ。やりますねぇ~~。

松岡さん、ここまでこだわってたくさん作ってくださって、ありがとうございます。
お店、赤字じゃないですか??。(笑)
そしてご馳走様でした。
今年もまもなく終わりですね、色々とお世話になりました。
良い年をお迎えください。

関連記事