2019-06-14

臨時米粉パン教室

今週の初め(6月10日~11日)に、タンボ・ロッジに何回も来てくださるリピーターの浅田さんからのリクエストにお答えして、「臨時の米粉パン教室」を開催させていただきました。
今回は、最近改良され、ますますふわっとした食感になった、タンボ・ロッジの自家製粉米粉を使った「米粉の1.5斤パン」と、「タミパン」と言う鍋で焼く米粉パン、そしてひよこ豆粉とブレンドして焼く、深みのある味の米粉パン、さらに翌日には米粉のヴィーガン仕様のシュトレーンがテーマです。

画像はクリックすると拡大します

臨時米粉パン教室私が最初に米粉の1.5斤パンと、タミパンで焼く米粉パンを作り、それを焼いている間に支配人が登場!!。
支配人の担当は、ひよこ豆粉と米粉のブレンドのパン。
こちらは1次発酵のみで焼くので、かなり簡単系です。

臨時米粉パン教室私の担当の、1.5斤パンとタミパンで焼く米粉パンが焼き上がりました。
タミパンの方は、レーズンを入れて、米粉のレーズンパンにしてみました。

臨時米粉パン教室お楽しみの夕食タイムです。
この日のスープは、アンデス風のレンズ豆のスープ。
しかし、ちょっと具を入れ過ぎてしまいましたが。食べた人には豪華でうれしいかもです。(笑)

臨時米粉パン教室前菜は、コロンビア風のソースをかけた、サラダです。
このほかに、もちろんメインディッシュもありましたが、写真撮るの忘れてしまいました。( ;∀;)(笑)

臨時米粉パン教室スイーツは豪華な「米粉のサンセバスチャン」です。
4層のチェッカーズ模様の米粉スイーツ、ベーキングパウダーも卵も乳製品も使いません。
タンボ・ロッジの庭に咲いている、食べられる花の「ナスタチウム」をトップに飾りました。

臨時米粉パン教室皆で楽しい夕食タイムです。参加された皆様、ありがとうございます。
一番遠い所の方は、なんと九州からこの教室のために来てくれた、発起人の浅田さんのお姉さんです。
本当に遠い所から来てくださって、ありがとうございます。

臨時米粉パン教室2日目の午前中に、ヴィーガン仕様の米粉のシュトレーンを焼きました。
実はね、写真撮り忘れたので、過去に私が作ったものの写真を使わせていただきました。(笑)

参加された皆様、ありがとうございます。
臨時教室でしたので、至らない点もあったと思いますが、開催できてうれしかったです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です